オクラホマ州
運命の赤い糸|てんびん座|夢占い
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.インディアン部族

この州のインディアン部族のほとんどは、19世紀にアンドリュー・ジャクソン大統領の「インディアン移住法」によって、他州から移住してきた。このため、全米でも最も保留地の多い州のひとつとなっている。インディアンの移住としては、チェロキー族チョクトー族クリーク族セミノール族、チカソー族の「涙の道」がよく知られている。この5部族はオクラホマ州で近代化に努め、ことにチェロキー族は憲法を発布し、自治国家を築くに到ったものの、間もなくさらなる入植者の圧力で保留地は分割縮小され、自治権は剥奪されていった。
オクラホマ州に移住したインディアン部族は、故郷へ帰ることを許されなかった。シャイアン族のダル・ナイフとリトル・クロウの二人の酋長が行った、故郷ワイオミング州への絶望的な帰還逃亡は、20世紀にハリウッドで「シャイアン」として映画化もされた。ポンカ族のマチュナーザー酋長は、ネブラスカ州からオクラホマ州への部族の移住強制に対して最高裁に提訴し、1879年に違法判決を勝ち取った。しかし、多くの部族がそれまでの強制移住によって各州に分断される結果となってしまった。
現在、オクラホマ州で運営されている「インディアン・カジノ」は119を数え、貧困にあえぐインディアン保留地の最期の切り札となっている。これはアメリカ連邦政府が公認し、保留地を持つ部族だけの権利である。多くの部族が、アメリカ連邦政府の認定を受けられず、インディアン部族として存在しないことになっており、部族カジノも持てないでいる。
≪アメリカ連邦政府が公式認定している部族≫
アラバマコウシャッタ族」(※元々はアラバマ州など南東部の部族である)
オートミズーリ族」(※元々は北部平原の部族である)
コマンチ族」(※元々はテキサス州の部族である)
クアポー族」(※元々はアーカンソー州の部族である)
「オクラホマ・オーセージ族
「オクラホマ・チカソー族」(※元々は南東部の部族である)
ポタワトミ族」(※元々は北東部五大湖地方の部族である)
アパッチ族」(※元々は南西部の部族である)
ウィチタ族
「オクラホマ・ペオリア族」(※元々は北東部五大湖地方の部族である)
「南部ポンカ族」(※元々はネブラスカ州の部族である)
シャイアン族」(※元々は北部平原の部族である)
「シャイアン・アラパホー族」(※元々は北部平原の部族である)
「オクラホマ・チョクトー族」(※元々はミシシッピ下流域の南東部の部族である)
「オクラホマ・ワイアンドット族」(※元々は北東部五大湖地方の部族である)
「オクラホマ・チェロキー族」(※元々は東部の部族である)
「オクラホマ・オッタワ族」(※元々は北部平原の部族である)
ポーニー族」」(※元々は中部平原の部族である)
カドー族」(※元々はテキサス州の部族である)
カイオワ族」(※元々は中南部大平原の部族である)
「キアレゲー・ムスコギー族」(※元々は南東部の部族である)
「オクラホマ・クリーク族(ムスコギー族)」(※元々は南東部の部族である)
「オクラホマ・マイアミ族」(※元々は東部の部族である)
「オクラホマ・モードック族」(※元々は西海岸北部の部族である)
「アブセンテー・ショーニー族」(※元々は東部の部族である)
「オクラホマ・セネカカユーガ族」(※元々はニューヨーク州の部族である)
カンサ族」 (※元々はカンザス州の部族である)
「オクラホマ・セミノール族」(※元々はフロリダ州の部族である)
「オクラホマ・キカプー族」(※元々は北東部五大湖地方の部族である)
「スロプスロッコ族(ムスコギー・クリーク族)」(※元々は南東部の部族である)
トンカワ族」(※元々はテキサス州の部族である)
「オクラホマ・アイオワ族」(※元々はアイオワ州の部族である)
「オクラホマ・サック族&フォックス族」(※元々は北東部五大湖地方の部族である)
≪アメリカ連邦政府に公式認定を要求中の部族≫
カタウバ族」(※元々はミシシッピ下流域の南東部の部族である)
ユチ族」(※元々はミシシッピ下流域の南東部の部族である)
ナッチェス族」(※元々はミシシッピ下流域の南東部の部族である)
「オクラホマ・アラパホー族
「伝統派南シャイアン族
ムスコギー族  「アレベカ部族タウン」
 「ヒラビー部族タウン」
 「ニュー・タルサ部族タウン」
 「ツカツプチー部族タウン」
 「タラハシー部族タウン」
 「トラトログルガ部族タウン」
 「ウェオグフケー部族タウン」

チェロキー族  「南チェロキー族」
 「南チェロキー族・カナディアン川バンド」
 「チカマウガ・チェロキー族」
 「オクラホマチェロキー族・ホワイト川バンド」
 「チカマウガ・チェロキー族・ホワイト川バンド」
 「チカマウガ・チェロキー族」
 「北チカマウガ・チェロキー族」
 「旧ルイジアナ領内の北チェロキー族」
 「アウィ・アクタ・チェロキー族」
 「アニツィナ・チェロキー族」
 「北チェロキー族」
 「南東チェロキー連邦・馬の氏族」
 「西チェロキー族バンド連合」

デラウェア・チェロキー族」
「東オクラホマ・デラウェア族」(※元々はデラウェア州の部族である)
キチャイ族」(※元々はテキサス州の部族である)
「ロイヤル・ショーニー族
「ショーニー・チェロキー族」
≪アメリカ連邦政府は公認していないが、オクラホマ州政府が公認した部族≫

「ロイヤル・ショーニー族」

恋愛占い|エステ|さそり座
がん保険|霊感|保育士
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(5.2.宗教)
[6]次ページ
(6.1.オクラホマ支給基地)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/08 04:28
資格|浮気|懸賞
相性占い|婚活|スピリチュアル
この記事を共有する
「オクラホマ州」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/26 更新
 1位小林麻央
 2位七條慶紀
 3位豊田真由子
 4位市川海老蔵 (11代目)
 5位小林麻耶
もっと見る>>
いま読まれている記事
B.M.N.|長宗我部盛親|張禧嬪 (テレビドラマ)|箱根山戦争|オクラホマ州
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant