名探偵コナンの登場人物
さそり座|無料ゲーム|前世
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
15.劇中劇

仮面ヤイバー(かめんヤイバー)
    声 - 高木渉
  人気の子供向け特撮番組のヒーロー。名前の由来は『仮面ライダー』と『YAIBA』から。
  人形、カードダスガシャポン、Tシャツ、ガソリンスタンドとの提携キャンペーンなど商品展開も数多い。かなり昔からバージョンを変えながら放送されている週1回の番組(月曜日19時30分から30分間の放送で、2008年までの『名探偵コナン』のアニメ放送時間と同じ)の他、映画も2本製作されている。主題歌をTWO-MIXが歌ったこともあると設定されている。
  少年探偵団が買ってくる菓子は、大抵は仮面ヤイバーの食玩目当てのものである。
  光彦によれば「初代の仮面ヤイバーは仮面がグロテスクで、そこがまたいいんです」とのこと。必殺技はヤイバー雷神拳。
  アニメ『名探偵コナン』内のオリジナルの設定では、本名が白金 雷刃(しろがね らいは)とされている青年で、普段は幼なじみの夏目 玲(なつめ れい)と共にホットドッグ屋を営んでいる。事件が起きると変身してオートバイに乗り込み、悪事を働く怪人や異星人を倒すという設定の勧善懲悪もののストーリー。
 

ゴメラ
    映画が何作も作られている人気怪獣。名前の由来はゴジラガメラから。モデルはゴジラ。
  コナンたちが撮影現場を見に行った際、主演俳優(スーツアクター)の松井 秀豪(まつい しゅうご、声 - 北川勝博)が番組プロデューサーの亀井 修(かめい おさむ、声 - 小山武宏)を殺害したことで逮捕され、さらにその時のトリックが原因で1着しかない着ぐるみが焼失してしまう。打ち切りかと思われたが、ファンからのたっての願いにより昔のフィルムをつなぎ合わせての製作により続行された。その後も毎回最終回らしきタイトルを付けつつも撮影が続けられ、現在もシリーズは継続中。『大怪獣ゴメラ』『ゴメラの逆襲』『ゴメラVSメカゴメラ』『ゴメラ最期の決戦』『ゴメラよ永遠に』『さらばゴメラ』『大怪獣ゴメラ ファイナル』などの作品がある。
 

闇の男爵(ナイトバロン)
    声 - 田中秀幸
  推理小説家・工藤優作の小説に登場する怪人。神出鬼没の怪人で、怪盗でもあり殺人鬼でもある。正体は不明。シルクハット・仮面・マント・黒いスーツを身に着けている。髪型はショートボブ
  その神出鬼没という設定から、発見や制止の不可能な幻のコンピュータウイルスに、その名前が冠されている。黒の組織もその「闇の男爵ウイルス」を所持しており、組織内で用いられているプログラムなどが入った記憶媒体(フロッピーディスクなど)を外部のコンピュータで立ち上げると、自動的にウイルスが作動してデータを削除するように仕掛けている。
 

松田 左文字(まつだ さもんじ)
    声 - 鈴木英一郎(第116話)→江川央生(第662話)
  ミステリー作家・新名 任太朗(しんめい にんたろう、声 - 藤本譲)の書いた小説の主人公。作中のドラマでは俳優の剣崎 修(けんざき おさむ、声 - 江川央生)が演じる。
  居合い抜き探偵で、犯人を暴いた後には抜刀して犯人に一句詠ずる。世良真純からは「笑える探偵」と評されている。
  代表作に『二分の一の頂点』(由来は『1/2の頂点』)、『死仮面(デスマスク)の嘲笑』、『悪魔が仕組んだ遺言状』、『真夜中の首実検』などがある。任太朗が癌(がん)で亡くなってからは娘・香保里(かおり、声 - 大坂史子)が執筆を引き継ぎ、現在も雑誌『文芸時代』で連載中。香保里が執筆する小説では左文字の助手としてヘッポコ探偵とオテンバ娘、生意気な眼鏡の少年の3人が登場する(モデルはそれぞれ小五郎、蘭、コナン)。
  名前の由来は、松田優作と西村京太郎左文字進。モデルは丹下左膳

婚活|相性診断|しし座
エステ|モテ期|セルライト
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(14.その他の重要人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/28 21:41
運命の赤い糸|おうし座|結婚
無料相性占い|愛内里菜|縁結び
この記事を共有する
「名探偵コナンの登場人物」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/29 更新
 1位竹達彩奈
 2位小林麻央
 3位日置明子
 4位豊田真由子
 5位市川海老蔵 (11代目)
もっと見る>>
いま読まれている記事
マイクロン|山本耕史|多部未華子|ハロー!プロジェクトのメンバーオーディション|名探偵コナンの登場人物
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant