優勝決定戦 (相撲)
六星占術|ほくろ除去|にきび跡
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
3.主な記録
3.2.十両以下

1958年(昭和33年)5月場所、十両で7人(若秩父富樫(のち横綱柏戸)、北葉山冨士錦若三杉(のち大豪)、明歩谷(のち明武谷)、玉響、11勝4敗)による優勝決定戦で若秩父が優勝したが、このうち富樫は横綱、北葉山は大関、冨士錦、若三杉は平幕優勝と、7人のうち幕内最高優勝経験者が4人、明歩谷も2度も幕内優勝決定戦に出場した、という豪華メンバーだった。この決定戦は後々まで語り草になり、出場した7力士は黒澤明の映画にちなんで「七人の侍」と呼ばれた。
1973年(昭和48年)11月場所、序二段で12人(6勝1敗、優勝は斉須)による優勝決定戦が行われた。これは現在に至るまで各段で史上最多人数による優勝決定戦である。
1993年(平成5年)9月場所には序ノ口で藤原と栃不動の兄弟力士が6勝1敗の成績で並び、史上初めて兄弟力士で優勝決定戦が行われた(結果は兄・藤原の優勝)。
1996年(平成8年)7月場所、幕下で9人(栃天晃後藤(のち栃乃洋)、金作(のち須佐の湖)、富風清の海戦闘竜大日ノ出広瀬山(のち双筑波)、隆尾崎(のち隆乃若)の9人でいずれも6勝1敗、優勝は金作)による優勝決定戦が行われた。同様な前例として、海乃山三段目時代の1958年1月場所、7勝1敗(当時、幕下以下は8番相撲)9人による決定戦で優勝している。
2001年(平成13年)7月場所、十両で史上最多の8人(貴闘力M錦寺尾、戦闘竜、大碇武雄山玉力道若兎馬)による優勝決定戦が行われ、武雄山が優勝した。このときの成績は9勝6敗で、優勝者無しにすることも考えられた程である。2014年現在十両優勝としては15日制定着後最少勝ち星となっている。
2009年(平成21年)3月場所、13日目が終わっても幕下以下各段で優勝が決まらず、千秋楽に優勝決定戦を行ったが、幕下以下全てが決定戦になったのは1985年(昭和60年)1月場所以来24年ぶりだった。
2012年(平成24年)9月場所、十両の優勝決定戦で常幸龍を破り、年6場所制以降では最速の所要9場所(幕下付け出しを除く)で新入幕を果たしたが、序ノ口から十両まで各段全て決定戦に出場したのは常幸龍が史上初。
2017年(平成29年)1月場所、序二段で伊勢ヶ浜部屋同士の錦富士-翠富士の決定戦が行われ、叩き込みで錦富士の優勝が決定したが、この両者は2016年(平成28年)11月場所でも序ノ口において、本名の小笠原-庵原で決定戦を行っており、2場所連続で同部屋同士で同じ2人の決定戦となった。
姓名判断|四柱推命|相性占い
保育士|さそり座|前世占い
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.1.幕内)
[6]次ページ
(4.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/21 11:27
星座占い|モテ期|運命の人
フレッツ光|手相|現金
この記事を共有する
「優勝決定戦 相撲」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/28 更新
 1位小林麻央
 2位市川海老蔵 (11代目)
 3位竹達彩奈
 4位日置明子
 5位豊田真由子
もっと見る>>
いま読まれている記事
アトム ザ・ビギニング|朽木白哉|THE LAST -NARUTO THE MOVIE-|市川海老蔵 (11代目)|優勝決定戦 (相撲)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant