稲田朋美
セルライト|さそり座|フレッツ光
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.1.弁護士としての経歴

1959年 ? 福井県今立郡今立町に、椿原泰夫の娘として出生
1977年3月 ? 京都府立乙訓高等学校卒業
1981年3月 ? 早稲田大学法学部卒業
1982年 ? 司法試験合格
1983年 ? 司法修習生(37期、同期に西村眞悟中村和雄定塚誠など。夫の稲田龍示も同期。)
1985年 ? 弁護士登録(大阪弁護士会2008年12月以降は福井弁護士会)
1989年 ? 弁護士の稲田龍示と結婚
1990年 ? 税理士登録、西梅田法律事務所勤務
2004年 ? 弁護士法人光明会(大阪市北区)代表就任
 この代表就任は初当選時の選挙公報に記載されていた。森友学園の国有地問題に端を発した2017年3月8日の参院予算委員会での野党からの質問に対し「代表となったことはない」と答弁した。その後、3月15日の同委員会において、民進党杉尾秀哉から、選挙公報の記載との矛盾を問われ「04年12月の法人設立当初は代表社員を置かない社員2人体制で、業務執行上、弁護士各自が会を代表していることから代表と記述した。選挙公報は誤りではない」とし、また2008年に定款を変更して夫を代表社員にしたため「正確な記述とするため、訂正を申し出ることにした」と答弁した。(注1)

1.http://megalodon.jp/2017-0315-1833-35/www.asahi.com/articles/ASK3H3HN2K3HUTFK003.html 稲田氏、辞任を否定 選挙公報肩書巡り衆院予算委で追及:朝日新聞デジタル(web魚拓)

ほくろ除去|スピリチュアル|縁結び
内職|おひつじ座|霊感
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[6]次ページ
(1.2.政治家になった経緯)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/12 12:48
六星占術|看護助手|結婚
資格|しし座|婚活
この記事を共有する
「稲田朋美」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/24 更新
 1位小林麻央
 2位豊田真由子
 3位宮崎勤
 4位加藤一二三
 5位市川海老蔵 (11代目)
もっと見る>>
いま読まれている記事
変身忍者 嵐|福岡人志、 松本×黒瀬アドリブドライブ|木本|原田ひとみ|稲田朋美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant