goo
Wikipedia
稲田朋美
ワンピース|モテ期|エステ
▼人気記事ランキング
2.政策・思想信条
2.4.LGBTについて
2016年5月に開催されたLGBTのイベント「東京レインボープライド2016」に参加している。このことについて稲田は「私が参加したら、会場で『えっ!』と驚かれました。また、性的少数者の差別解消を目的としたLGBT法案を検討している時には、『自民党らしくない!』という批判を受けたりしました。いわゆる保守層である私のファンには『なぜ稲田さんがそんなことを言うの?』と離れた人もいる。LGBTを支持すると、逃げていく人もいるのです」「『左翼』の運動ではなく『人権』の問題と理解してもらうのに苦労しました」と述べている(注1)
また、性的指向は不可逆的なものであるため、LGBT問題は人権問題として考えるべきであるとし、「彼らが誤解に苦しんでいるのなら、自分らしく生きられる社会をつくらねばなりません」「少子高齢化が進む中で、(自民党は)女性が輝く社会の実現を目指してきているが、LGBTと呼ばれる人々にも同じようにチャンスが与えられるべき」と述べている(注2)
同性婚については、「同性婚。これは欧米各国で激しい議論が行われており、一部の国では同性婚が認められるようになっている。この問題について、日本で意見が収斂するのはまだ先であろう。私はこの問題で日本の社会が二分されるのは望んでいない。あくまでも原点は、生まれながらにおかれた境遇や身体的状況によって差別がなされてはいけないということ。当事者の意見を聞きながら議論が進んでいくことを期待する」「渋谷区の(パートナシップ制度の)条例に関しては、憲法上の婚姻の条項や家族のあり方とか、少数者に対する差別をなくすということはその通りなのですけれども、それをどこまで法的に保護していくかということなどは、憲法に関るような非常に大きな問題なので条例という形ではなくて大きな議論をすべきと考えています」と述べており、国によって社会状況が異なることから外国の同性婚制度やパートナシップ制度をそのまま日本に導入させるという安易な議論には懐疑的である(注3)(注4)

1.稲田・山尾対談「女性だから」という観点で書かれモヤモヤ
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160616-00000019-pseven-sociNEWS ポストセブン 6月16日
2.安倍政権は「リベラル」なのか 与野党政調会長らに聞く
 http://news.yahoo.co.jp/feature/2062016年6月10日
3.LGBT:すべての人にチャンスが与えられる社会を
 http://www.huffingtonpost.jp/tomomi-inada/lgbt-inada_b_8778994.html2015年12月11日
4.稲田朋美政務調査会長 記者会見
 https://www.jimin.jp/news/press/chairman_prc/127302.html自民党平成27年3月12日

縁結び|四柱推命|前世
セルライト|スピリチュアル|手相
[4]前ページ
(2.3.選択的夫婦別氏制度の法制化問題)
[6]次ページ
(2.5.男女共同参画社会基本法への反対)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/03/16 00:23
てんびん座|にきび跡|星座占い
相性占い|性格診断|がん保険
この記事を共有する
「稲田朋美」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/03/28 更新
 1位そして誰もいなくなった
 2位藤川優里
 3位高部あい
 4位浦島太郎
 5位3月27日
もっと見る>>
いま読まれている記事
7月14日|鈴木俊一 (声優)|日用品|ムー伝奇ノベル大賞|稲田朋美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant