3次元コンピュータグラフィックス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
3次元コンピュータグラフィックス(さんじげんコンピュータグラフィックス、: Three-dimensional computer graphics , 3DCG)は、コンピュータの演算によって3次元空間内の仮想的な立体物を2次元である平面上の情報に変換することで奥行き感(立体感)のある画像を作る手法である。20世紀末からのコンピュータ技術の急速な発達と性能向上によって、従来は大企業や大きな研究所でしか得られなかった精細で高品質の3次元画像が、21世紀初頭現在ではPCゲーム機で得られるようになっている。
毎年夏にアメリカ合衆国で開催されるCGの祭典「SIGGRAPH」(シーグラフ)にて、世界中の多くの研究者により最新のCGの論文が発表され、技術更新がなされている。
目次
1.用途
├1.1.動画(実時間処理:リアルタイム)
├1.2.動画(非実時間処理:プリレンダー)
└1.3.静止画
2.原理
3.制作工程
├3.1.モデリング (Modeling)
├3.2.シーンレイアウト設定
├3.3.レンダリング (Rendering)
└3.4.レタッチ (Retouch)
4.制作技法
├4.1.テクスチャマッピング (Texture mapping)
├4.2.バンプマッピング
├4.3.ディスプレースメントマッピング
├4.4.ハイパーテクスチャ
├4.5.パーティクル
├4.6.サブディビジョンサーフェス(細分割曲面、Subdivision surface)
├4.7.ブーリアン
├4.8.メタボール
├4.9.インバースキネマティクス(逆運動学、IK)
├4.10.ライティング(照光、Lighting)
├4.11.テッセレーションとポリゴンメッシュ
├4.12.反射とシェーディングモデル
├4.13.Zソート法
├4.14.Zバッファ法
├4.15.スキャンライン (Scanline rendering)
├4.16.レイトレーシング (Ray tracing)
├4.17.ラジオシティ (Radiosity)
├4.18.フォトンマッピング (Photon mapping)
└4.19.パストレーシング (Path tracing)
5.サーフェスモデルとボクセル
6.クロス (Cloth)
7.3DCG用API
├7.1.リアルタイム用途
└7.2.プロダクション用途
8.各国の3DCG
9.脚注
10.関連項目
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/06 20:30
ソ人気記事ランキング
2019/06/16 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位斉藤とも子
 4位6月15日
 5位コボちゃん
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant