3月15日
▼人気記事ランキング
1.できごと
797年延暦16年2月13日) - 『続日本紀』全40巻が完成する。
1493年 - クリストファー・コロンブスが、アメリカに到達した航海からスペインに帰還。
1564年 - ムガル帝国皇帝アクバルが非ヒンドゥー教徒に対するジズヤ人頭税)の徴収を廃止。
1545年 - トリエント公会議が招集される。
1717年享保2年2月3日) - 徳川吉宗大岡忠相江戸南町奉行に登用する。
1774年 - ジョゼフ・プリーストリー酸素を発見。
1781年 - アメリカ独立戦争: ギルフォード郡庁舎の戦い
1806年文化3年1月26日) - 江戸幕府が文化の薪水給与令(撫恤令)を出す。
1820年 - ミズーリ妥協: マサチューセッツ州メイン地区が独立してアメリカ合衆国23番目のメイン州となる。
1827年 - トロント大学が創立される。
1890年 - 琵琶湖疏水の第1期工事が竣工。
1895年 - 京都で平安遷都1100年を記念して平安神宮を創建。
1906年 - ロールス・ロイス創業。
1914年 - 秋田仙北地震
1916年 - ウッドロウ・ウィルソン米大統領がパンチョ・ビリャ討伐のためジョン・パーシング将軍指揮下遠征部隊12,000人をメキシコに派遣。
1917年ユリウス暦3月2日) - ロシア革命:ロシア皇帝ニコライ2世が退位させられる。
1920年 - 日本で、第一次世界大戦による好況の反動で株価が大暴落。戦後恐慌の始まり。
1922年 - エジプトファード1世が、イギリスから条件付きで独立したエジプトの国王に即位。
1928年 - 三・一五事件
1930年 - 横浜の山下公園が開園。
1939年 - チェコスロバキア併合: ナチス・ドイツボヘミアモラビア占領し、チェコスロバキアが消滅。
1939年 - 全国の招魂社護国神社に改称。
1943年 - 第二次世界大戦: 第三次ハリコフ攻防戦ドイツ軍ハリコフを再占領する。
1944年 - 第二次世界大戦: モンテ・カッシーノの戦いの第3回戦闘(ディッケンズ作戦)が始まる。
1945年 - 第二次世界大戦: 硫黄島の戦いで、アメリカ軍が硫黄島の完全占領を発表。
1948年 - 民主自由党結党。
1951年 - イランで国内のイギリス資本の石油会社を国有化する法案が成立。
1956年 - ニューヨークブロードウェイミュージカルマイ・フェア・レディ』の公演開始。
1961年 - 南アフリカイギリス連邦から脱退。
1961年 - 三島由紀夫の小説『宴のあと』でプライバシーを侵害されたとして有田八郎が三島を告訴。(『宴のあと』裁判
1972年 - 山陽新幹線新大阪駅 - 岡山駅間が開業。
1980年 - 映画ドラえもんシリーズ第1作『映画ドラえもん のび太の恐竜』公開。以降、2005年を除き毎年新作が公開され、今や国民的なアニメ映画となっている。
1985年 - アメリカのコンピュータ製造会社シンボリックスが、世界初の.comドメイン"symbolics.com"を取得。
1987年 - 北海道の国鉄瀬棚線がこの日限りで廃止。
1987年 - 静岡県の国鉄二俣線第三セクター鉄道天竜浜名湖鉄道に転換。
1988年 - 客に有料でカラオケ機器を利用させていたスナック店経営者に対し日本音楽著作権協会 (JASRAC) が著作権侵害として損害賠償を請求した事件(クラブキャッツアイ事件)で、最高裁判所がJASRACの訴えを認める判決。(カラオケ法理
1990年 - ミハイル・ゴルバチョフソビエト連邦初代大統領に就任。
1991年 - ドイツ統一: ドイツ最終規定条約が発効、統一ドイツが完全に主権を回復。
1992年 - 東京放送文化放送ニッポン放送毎日放送朝日放送のAMラジオ局5局が午前9時から同時に、日本初のAMステレオ放送の本放送を開始。
1997年 - ナゴヤドーム開業。
2003年 - 胡錦濤中華人民共和国主席に就任。
2005年 - 東武伊勢崎線竹ノ塚駅踏切で事故発生、4人死傷。(東武伊勢崎線竹ノ塚駅踏切死傷事故
2008年 - JR西日本おおさか東線 放出駅 - 久宝寺駅間が開業。
2011年 - 東日本大震災: 日経平均株価が1,000円以上を下げる大暴落。
2011年 - 静岡県東部地震発生。
2013年 - 新幹線200系電車引退。すべての国鉄形新幹線が定期運用から退く。
2014年 - ももいろクローバーZが女性グループ初となる国立競技場でのコンサートを開催。
[6]次ページ
(1.1.日本の自治体改編)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/27 19:00
ソ人気記事ランキング
2018/12/10 更新
 1位日本
 2位ディアトロフ峠事件
 3位艶堂しほり
 4位鎌倉ものがたり
 5位12月9日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant