進撃の巨人の登場人物
相性診断|四柱推命|夢占い
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
8.巨人
8.2.その他の巨人

カルラとハンネスを捕食した巨人
    シガンシナ区の壁が破壊されたときに侵入してきた巨人の内の一体。常に不気味な笑みを浮かべている。エレンの目の前でカルラを殺害・捕食し、エレンに巨人への憎しみを持たせる原因となっている。
  エレン奪還作戦の時にエレンとミカサの前に再び現れ、仇討ちに燃えるハンネスを無惨に食い殺しエレンとミカサにも手を伸ばすが、エレンが殴った途端エレンの謎の能力が発生、周りの巨人達に襲われて全身を貪り食われて死亡した。超大型巨人を除き最初にはっきりと顔が確認できている巨人でもある。
  グリシャの手記、グリシャの記憶を受け継いだエレンの記憶から、グリシャの前妻であるダイナが「楽園送り」により巨人化した姿である事が判明する。


ソニーとビーン
    声 - 大隈健太(ソニー)
  トロスト区奪還戦で調査兵団が捕獲した2体の巨人。ハンジに名付けられた4m級がソニー、7m級がビーン。巨人の身体構造や個体差の解明のため、厳重な拘束下でハンジが研究する被験体として扱われるが、アニと正体不明の共犯者によって二体とも殺害され、情報収集は不十分なまま終わってしまった。
  アニメではハンジにより、かつて多くの人間を殺して食べた盗賊集団の頭目1人の名前が由来として語られている(伝説上の人物であるソニー・ビーンを参照)。これ以前に捕獲した巨人被験体(研究実験が行きすぎてすでに死亡している)の名前は「アルベルト」「チカチーロ」だったとも語られている。


幻の巨人(注1)
    ウォール・シーナの壁の中身に埋没する巨人。女型の巨人が逃亡する際の破損箇所から、垣間見えた顔の一部によって存在を知られた。しかも近くにいたミカサの方へ視線を向けたことから生きていることが窺える。顔の右半分のみ現れている。その顔は超大型巨人のように皮膚が存在せず歯がむき出しとなっている。壁の中にいる限り永久に眠り続けるが、壁が破損し光に当たると目覚める恐れがある。
  状況を察知したニック司祭の指示により、目地材による応急的な修復が壁になされて即座に姿を隠された。このことから、壁は巨人が基盤となって建築されていることがわかった。


ラガコ村の巨人
    ラガコ村でコニーの生家に横たわっていた巨人。手足が極端に細く自力では起き上がれない。にもかかわらず、なぜラガコ村にいるかのは不明。また、引き上げる際のコニーに向かって、ある「言葉」を発する。
  残されていた肖像画から調査兵団によってコニーの母親と断定され、他の村人同様なんらかの理由で巨人化するも、不完全な肉体ゆえにその場から動けなかったものと思われる。
  なお、その他の村人の巨人に関しては人間を捕食するだけの巨人と大差なかったが、「獣の巨人」の命令に従う、夜間も昼間と変わらず行動できるといった、通常の巨人にはない特徴が見られた。中には仲間の巨人を押し倒し、耳を引き千切るといった行動を見せるものもいた。


イルゼが遭遇した巨人
    森に逃げ込んだイルゼが遭遇した巨人。接触してもイルゼを襲わず、「ユミルのたみ」「ユミルさま」といった言葉を発し、ひれ伏して恭順の姿勢を示す。イルゼの問いにはすべて沈黙で答えたが、自らの存在を罵倒されたところ突如興奮し、自傷行為におよんだ挙句イルゼを捕食した。この記録はイルゼのノートに詳細に記されている。
  OVA「イルゼの手帳」ではこの巨人のその後が描かれた。調査兵団であるリヴァイやハンジと遭遇するも、突如方向転換して謎の花畑へと向かい、最奥部の木に頭を打ち付ける等奇怪な行動を見せる。直後ハンジやオルオに襲い掛かり、最終的にオルオを捕食しようとするも、リヴァイにうなじを切り取られて死亡した。討伐後、彼の遺体の側にイルゼの遺体が「埋葬」されていたことが分かり、この巨人の謎をエルヴィンにハンジが伝えたことで、ハンジ立案による巨人捕獲作戦を通すきっかけとなった。
  その正体はかつてユミルを教祖のように祭り上げたカルト教団の幹部のエルディア人であることが判明。まだ幼い名も無い物乞いだった彼女を拾い、「ユミル」の名を授けて大勢の信者達を崇拝させていた。しかし、後にマーレ治安当局に弾圧された際、罪をユミルに擦り付けるが、共に「楽園送り」にされる。アニメでは、ユミルを崇拝していた信者の女性に正体が変更されており、ユミルや他の信者共々「楽園送り」にされる。


ロッド巨人体
    レイス家当主、ロッド・レイスが巨人化の薬を経口摂取して巨人化した姿。他の巨人体と違い、巨人化能力者を捕食していない為、知性を持たない無垢の巨人の奇行種に当たる。
  超大型巨人の倍以上という巨人の中では史上最大の巨体を誇る。しかし、他の巨人体に比べて胴体が異常に大きい反面、手足が細い奇形で、自身の超重巨体と合わさって、まともに歩くどころか立ち上がることすら出来ない事から、立ち上がる際には、どこかにしがみ付かなければならない。移動する際は顔や体の前面を地面に埋没させ、身体を削りながら這いずるように移動する。このため、ウォール・シーナ北側の壁に到達する頃には、胴体が削れ内臓が完全に露出していた。さらに、顔面が完全に削られて失われていた為、どのような顔をしていたのかは不明。他の巨人とは比べ物にならない高温の蒸気を常に発しており、生身の人間や樹木などは近づいただけで燃えてしまう。
  巨人化した後、ウォール・シーナ北側の城壁都市オルブド区の住人に引き寄せられ同地を襲撃。駐屯兵団による迎撃をものともせずに壁に取り付くが、直後にリヴァイ班によって火薬で両手首を爆破され、バランスを崩したところを巨人化したエレンによって口の中に爆薬を詰めこまれて頭部を破壊され、飛び散ったうなじをヒストリアの手で斬り裂かれて死亡した。

1.進撃の巨人 INSIDE 抗

無料ゲーム|てんびん座|エステ
しし座|セルライト|縁結び
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(8.1.九つの巨人)
[6]次ページ
(9.派生作品の登場人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/29 07:55
ほくろ除去|浮気|手相
前世占い|心理テスト|賃貸
この記事を共有する
「進撃の巨人の登場人物」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/29 更新
 1位竹達彩奈
 2位小林麻央
 3位日置明子
 4位豊田真由子
 5位市川海老蔵 (11代目)
もっと見る>>
いま読まれている記事
1918年|セイント・ビースト|がんばっていきまっしょい|堀越高等学校|進撃の巨人の登場人物
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant