マダガスカル
夢占い|さそり座|愛内里菜
ほくろ除去|おひつじ座|転職
▼人気記事ランキング
6.経済
6.1.経済史
第一共和制のおいてマダガスカルの経済計画及び経済政策は、依然フランスが大きな影響を及ぼしており、フランスが主要な貿易相手国であった。主要生産物は、国家規模で生産者協同組合により耕作され、消費者協同組合を通して流通していた。米、コーヒー豆、家畜、生糸、パームオイルなどの生産量を増大させて自家消費だけでなく商品としても流通させるため、農村開発や国営農場などの政策が構想された。これらの政策に民衆が不満を募らせたことが、社会主義政権による第二共和制成立の主要因となった。第二共和制においては、それ以前にあった民営の銀行や保険会社が国営化された。また、繊維、紡績、電力といった産業で専売制が確立された。輸出入や海外への輸送も政府の管理下に置かれることになった。マダガスカル経済は急速に悪化した。輸出が激減し、工業生産が75%減となった。物価が高騰し、政府債務が増加した。農村人口は共同体を維持できるぎりぎりのところにまで急速に減少した。輸出歳入の50%超が政府債務の支払いに充てられた。国際通貨基金(IMF)は、1982年に国家財政が破綻し始めた際、マダガスカル政府にプログラムと経済自由化を受け容れるよう強制した。そのため、国営企業は1980年代を通して徐々に民営化されていった。しかしながら、1991年に起きた政治危機は、IMFと世界銀行の支援が中止される要因となった。アルベール・ザフィは、国際的な支援以外の方法により収入を引き出そうとしたが失敗し、ザフィの弾劾後に暫定政府が成立して初めて、支援の再開を見た。IMFは2004年、ラヴァルマナナ政権下、マダガスカルの債務の半分を帳消しにすることに合意した。2005年にマダガスカルは、緊縮財政と人権に関する基準を満たし、アメリカ合衆国の二国間援助協定のひとつであるミレニアム・チャレンジ・アカウントを享受する第1号国となった。
現金|保育士|がん保険
血液型占い|姓名判断|しし座
資格|無料占い|無料ゲーム
[4]前ページ
(5.5.地方行政)
[6]次ページ
(6.2.概況)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/23 09:22
フレッツ光|金融|にきび跡
無料相性占い|六星占術|脱毛
この記事を共有する
「マダガスカル」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/04/25 更新
 1位野村直樹
 2位坂口杏里
 3位進撃の巨人の登場人物
 4位ネコ
 5位桑島法子
もっと見る>>
いま読まれている記事
チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜|ロバート (お笑いトリオ)|マダガスカル|ビキニ・ウォリアーズ|ダイナマイト・トミー
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant