マダガスカル
懸賞|無料相性占い|無料占い
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
5.政治
5.1.政治史
マダガスカルは独立回復以来、第一共和制から第四共和制まで、憲法の改正に伴う政体の変遷を経験した。第一共和制(1960年-1972年)はマラガシ共和国ともいい、フランスが指名した大統領フィリベール・ツィラナナにより主導され、フランスとの強い政治経済的結びつきが継続しているという特徴があった。多くのテクノクラートが在外フランス人により占められ、全国の学校でフランスの歴史をフランス語の教科書でフランス人の教師が教えるという状況が12年間続いた。ツィラナナがこの「新植民地主義」的状況を放置していることへの怒りが民衆の間に満ち、1972年にツィラナナ政権を打倒した一連の農民や学生による抗議活動(ルタカ, rotaka)への導火線となった。
国軍の少将であったガブリエル・ラマナンツアが2代目大統領になり、5年間という期限付きで暫定的な軍政を敷いて、社会のマダガスカル化(マルガシザシオン)と政治的和解を試みたが失敗し、1975年に大統領の地位から退かざるを得なくなった。国家憲兵隊出身のリシャール・ラツィマンヂャヴァ大佐が大統領職を引き継いだが、在職6日目で暗殺される。軍の将校であったジル・アンヂアマハズが4ヶ月暫定大統領をした後、同じく軍出身のディディエ・ラツィラカを大統領に指名した。ラツィラカは社会主義マルクス主義を導入した第二共和制を1975年から1993年まで政権運営した。
この時代には、政治的には東側諸国の陣営への参与、経済的には島国的自立への志向が見られた。これらの政策は1973年のオイルショックに由来する経済的重圧に連動したものではあったが、マダガスカル経済の急速な崩壊と生活水準の急激な落ち込みという結果をもたらした。そして1979年には国家財政が完全に破綻してしまう。ラツィラカ政権は、破綻した国家経済に対するIMF世銀からの資金援助や、その他の二国間援助を受ける代わりに、透明性の確保や汚職対策の進捗を査察することを受け入れた。
ラツィラカは1980年代後半に徐々に人気を失っていき、1991年に大統領の守備隊が非武装の抗議デモ隊に向けて銃を撃った事件で致命的なものとなった。その事件から2ヶ月以内にアルベール・ザフィ(在職1993年-1996年)率いる暫定政権が樹立、翌年の大統領選挙でザフィが正式に大統領に就任し、第三共和制(1992年-2010年)へと移行した。新しい憲法は複数政党制を確立し、国会議員に大きな権限を持たせて権力を分散させた。また、人権と、社会・政治的自由と、商業上の自由を保障するものであった。しかしながら、経済の低迷や汚職疑惑に加えて、ザフィ自身がより大きな権限を持つことを可能にする法律を通そうとしたことにより、ザフィ政権は台無しになった。1996年に大統領が弾劾される。3ヵ月後の大統領選挙までの間、ノルベール・ラツィラフナナが暫定大統領に就いた。選挙ではラツィラカが勝利し、1996年から2001年までの間の第2期政権においては脱中央集権化と経済改革が政策基盤に置かれた(注1)
2001年の大統領選では元アンタナナリヴ市長であったマルク・ラヴァルマナナが勝利、これを認めないラツィラカがトゥアマシナに勝手に遷都するなどの政治的混乱は生じたものの、外国資本を導入して依存経済から市場経済を目指すとした新政権の下でマダガスカル経済は年平均成長率7%と順調に成長した。しかしながら、ある韓国企業が全トウモロコシ用耕作地の3分の1に及ぶ土地を99年間租借する契約を政府と結んだことが発覚する。露骨な新植民地主義への反発や、島の土地を「タニンヂャザナ(先祖の土地)」として大切にする価値観と相容れない政策への失望から、2009年3月に暴動に発展した(2009年マダガスカル政治危機)。このとき、ラヴァルマナナ大統領が軍に権力を委譲し辞任する一方、野党指導者のアンヂ・ラズエリナ(所属政党:決意したマダガスカルの青年)が大統領官邸に入り、暫定政府を発足させた。この憲法手続きに則らない形で行われた政権交代に対しては、国内外から批判や反発が表明された。また、「クーデタ」であるという主張もなされた。暫定政権は政治的危機の解決に向けたロードマップを策定したが、大統領選挙の実施は二度にわたって延期された。大統領選挙は2013年10月に第一回投票が、同年12月に上位二名による決選投票が行われ、ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ候補がジャン・ルイ・ロバンソン候補を下して当選した(注2)(注3)
独立後のマダガスカルは4回の憲法改正を経験はしたが共和制の枠内での変革であり英語文献では複数形の "republics" と呼ばれる。社会主義経済運営を採用した第二共和制を経て、1992年以来、憲法に基づき国民によって選ばれた代表により政治を実行する民主化が進展していたが、2009年に政治危機が起きた。当時の大統領マルク・ラヴァルマナナが退陣させられ、大統領の権限がアンヂ・ラズエリナに移された。総選挙を経て2014年にヘリー・ラザウナリマンピアニナが大統領に指名されるに至って憲法に立脚した統治は回復したが、その間に経済的混乱及び国際的孤立を経験した。

1. Political change in Madagascar: populist democracy or neopatrimonialism by another name?
http://www.issafrica.org/publications/papers/political-change-in-madagascar-populist-democracy-or-neopatrimonialism-by-another-name
2.マダガスカル大統領選挙について(外務報道官談話)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/page4_000346.html 外務省
3.Centre d'actualit?s de l'ONU ? Madagascar : l'ONU salue le bon d?roulement du deuxi?me tour des ?lections pr?sidentielles
http://www.un.org/apps/newsFr/storyF.asp?NewsID=31715&Cr=Madagascar&Cr1=#.UrVg67Sp6RM

運命の人|転職|にきび跡
てんびん座|霊視|賃貸
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(4.4.植民地体制下の近代化)
[6]次ページ
(5.2.統治機構)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/15 12:13
現金|運命の赤い糸|心理テスト
金融|ワンピース|しし座
この記事を共有する
「マダガスカル」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/29 更新
 1位竹達彩奈
 2位小林麻央
 3位日置明子
 4位豊田真由子
 5位市川海老蔵 (11代目)
もっと見る>>
いま読まれている記事
今村雅弘|男爵|金沢大学|イタリア|マダガスカル
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant