さんふらわあ
保育士|金融|無料占い
霊視|内職|ふたご座
▼人気記事ランキング
3.引退したさんふらわあ
3.2.その他のさんふらわあ

さんふらわあ7(関西汽船)   7,494総トン、全長124.9m、幅17m。
  1973年6月に奄美・沖縄航路用の貨客船「若潮丸」(5,489GT 全長115m)として就航。1978年3月「フェリーくろしお」の就航に伴い一時係船されたが、1979年6月にクルーズ客船に改造され「さんふらわあ7」となる。関西汽船初のさんふらわあ塗装の客船で、日本国内はもとより世界各地を航海し、1992年に引退。日本国外へ売却され、Epirotiki Line(ギリシャ)の「APOLLON」(1992 - 1995)→Minoan Line(ギリシャ)の「MINOAN PRINCE」(初代)(1995年 - 2002年)→Golden Prince(ギリシャ)の「GOLDEN PRINCE」(2002年 - )として運航。

さんふらわあ さっぽろ(初代)(旧 日本沿海フェリー→ブルーハイウェイラインに社名変更)   11,098総トン、全長164.0m、幅24.0m、出力28,000馬力、航海速力20.0m。
  旅客定員640名。車両積載数:トラック142台・乗用車55台。林兼造船(下関)建造。
  1974年8月就航(元・日本沿海フェリー「さっぽろ丸」)、1998年1月引退。日本国外へ売却され、Blue Star Ferries(ギリシャ)の「Blue Sky」として運航。

さんふらわあ くろしお(ブルーハイウェイライン)   9,723総トン、全長160m、幅25m、出力27,000馬力、航海速力22.7ノット。
  旅客定員530名。車両積載数:トラック150台・乗用車70台。三菱重工業下関造船所建造。
  1997年7月に就航するも、2001年9月航路廃止に。2001年10月から12月までスターダイヤモンドの機関故障に伴う代替船としてダイヤモンドフェリーの神戸 - 別府航路に就航したのち日本国外へ売却され、2002年4月よりパンスターフェリー(韓国)の「PANSTER DREAM」(パンスタードリーム、韓国船籍)として運航。

さんふらわあ えりも(旧 日本沿海フェリー→ブルーハイウェイラインに社名変更)   11,272総トン、全長178m、幅25m、出力29,700馬力、航海速力23.75ノット(最大24.9ノット)。
  旅客定員634名。車両積載数:トラック175台・乗用車105台。石川島播磨重工東京工場建造。
  1989年3月竣工。元・日本沿海フェリー「えりも丸」(2代目)。「COSMO 5」に改名後、2004年4月よりシャトル・ハイウェイラインの「しゃとる よこすか」として運航していたが、2007年9月に同社が自己破産を申請したため運航停止に。その後2008年に威東航運(中国)「New Golden Bridge IV」、2011年より大龍海運(韓国)「YONG XIA」として運航。

さんふらわあ おおあらい(旧 日本沿海フェリー→ブルーハイウェイラインに社名変更)   15,139総トン、全長178m、全幅24.8m、出力28,800馬力、航海速力22.9ノット(最大24.2ノット)。
  旅客定員550名。車両積載数:トラック175台・乗用車105台。林兼造船(下関)建造。
  1987年6月竣工。元・日本沿海フェリー「おおあらい丸」。「COSMO 3」に改名後、2004年4月よりシャトル・ハイウェイラインの「しゃとる おおいた」として運航していたが、2007年9月に同社が自己破産を申請したため運航停止に。その後は貨物船としてAvra Shipping(ギリシャ)「SHUTTLE」、2010年よりNEL LINES(ギリシャ)「COLOSSUS」として運航、2013年インドで解体。

さんふらわあ みと(ブルーハイウェイライン→商船三井フェリー)   11,782総トン、全長186m、幅25.50m、出力34,200馬力、航海速力24.67ノット。
  旅客定員514名。車両積載数:トラック175台・乗用車140台。三菱重工業下関造船所建造。
  1993年12月就航、2006年12月引退。日本国外へ売却され、2007年4月よりパンスターフェリー(韓国)の「PANSTER SUNNY」(パンスターサニー、パナマ船籍)として運航。

さんふらわあ つくば (ブルーハイウェイライン→商船三井フェリー)   12,325総トン、全長192m、幅27m、出力34,200馬力、航海速力23ノット(最大26.3ノット)。
  旅客定員342名。車両積載数:トラック216台(8.5m車換算)・乗用車111台。三菱重工業下関造船所建造。
  1998年1月就航、2006年12月引退。東洋汽船に譲渡後「フェリーつくば」に改名されたが日本国外へ売却され、現在はANEK LINE(ギリシャ)の「ELYROS」として運航中。

さんふらわあ とまこまい(ブルーハイウェイライン→商船三井フェリー)   12,520総トン、全長199m、幅24.50m、出力64,800馬力、航海速力30ノット(最大31.1ノット)。
  旅客定員12名。車両積載数:トラック165台・乗用車46台。三菱重工業下関造船所建造。商船三井および鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有していた。
  1999年8月就航、2007年3月引退。貨物フェリー。川崎近海汽船ほっかいどう丸とは同型船。その後2008年から2014年にAegean Cargo Managment(ギリシャ)にて「Aegean Heaven」、2014年から「AYSHE」として運航。

さんふらわあ こがね(関西汽船→ダイヤモンドフェリー)   1992年8月3日就航、2003年改造、2010年2月引退。9,710総トン、全長150.9m、幅25.0m、出力25,200馬力、航海速力22.1ノット(最大24.7ノット)。
  旅客定員942名、乗組員36名。車両積載数:トラック100台・乗用車60台。カナサシ豊橋工場建造。
  2007年11月21日よりダイヤモンドフェリー運航便に就航(関西汽船のさんふらわあ にしきと交互に就航)。関西汽船所有の船舶だったが、2008年2月1日にドック入りし、この日をもってダイヤモンドフェリー船籍となる。ファンネルマークを「Dマーク」に変更のうえ、同年2月7日よりダイヤモンドフェリー運航船として、寄港便に就航していた。
  引退後はSuper Ferry(フィリピン)にて「SUPERFERRY 20」として運航。

さんふらわあ にしき(関西汽船)   1992年12月19日就航、2003年改造、2010年2月引退。9,800総トン、全長150.9m、幅25.0m、出力25,200馬力、航海速力22.1ノット(最大24.5ノット)。
  旅客定員859名、乗組員36名。車両搭載数トラック100台・乗用車60台。カナサシ豊橋工場建造。関西汽船および鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有していた。
  引退後はSuper Ferry(フィリピン)にて2010年から2012年に「SUPERFERRY 21」、以後は「ST.LEO THE GREAT」として運航。

さんふらわあ ふらの(初代)(商船三井フェリー)   1993年7月竣工、2007年1月就航、2017年5月引退。13,539総トン、全長192m、幅27m、出力35,600馬力、航海速力24ノット(最大26.2ノット)。
  旅客定員705名。車両積載数:トラック180台・乗用車100台。三菱重工業下関造船所建造。
  元・東日本フェリーへすていあ」。苫小牧 - 大洗夕方便に就航していた。

六星占術|四柱推命|恋愛占い
手相|がん保険|霊感
おひつじ座|前世|心理テスト
[4]前ページ
(3.1.さんふらわあ5姉妹)
[6]次ページ
(4.さんふらわあにまつわる歌)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/24 10:40
運命の赤い糸|夢占い|縁結び
資格|スピリチュアル|脱毛
この記事を共有する
「さんふらわあ」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/24 更新
 1位橋爪功#家族・親族
 2位天までとどけ
 3位能見達也
 4位佳子内親王
 5位ゴルゴ13 (架空の人物)
もっと見る>>
いま読まれている記事
テイルズ オブ エターニア|ニホニウム|おねだり豊|柴田翔|さんふらわあ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant