さんふらわあ
相性診断|にきび跡|心理テスト
性格診断|しし座|恋愛占い
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.1.さんふらわあ5姉妹
照国郵船(現 マリックスライン)の子会社で、1970年に設立された日本高速フェリーが、1972年に川崎重工業神戸工場にて第1船「さんふらわあ」を建造し、名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に就航させたのが始まりである。それまでの国内フェリーとは一線を画す豪華な内装や、レストランシアター、プールなどの施設を持ち、当時クルーズ客船を持たなかった日本において一世を風靡した。続く第2船は「さんらいず」の名で建造され進水したが、第1船の反響の大きさにより急遽「さんふらわあ2」に改名された。
1973年には内装をさらに豪華にした「さんふらわあ5」「さんふらわあ8」が、東京 - 那智勝浦 - 高知航路に就航。1974年には直列2本煙突、収納式アンカーなど豪華客船風の外観を持つ「さんふらわあ11」が、大阪 - 鹿児島航路に就航した。のちにこの5隻は「さんふらわあ5姉妹」と呼ばれるようになる。就航当初は、ファンネル(煙突)に照国グループのシンボルともいえる「中川マーク」が描かれていた。
各船では毎晩、レストランシアターでトロピカルショーなどのイベントが行われ、九州へ旅行へ向かう家族連れなどの人気の的となったが、会社の経営はうまくはいかなかった。建造中に日本を襲ったオイルショックにより燃料費が高騰、多量の燃料を使うフェリーにとっては致命傷になったうえ、その後の不況によりトラック輸送をはじめレジャー客も大きく落ち込んだ。また、需要の伸びを過大視してわずか3年間に旅客定員1,000名を超える豪華船を5隻も建造して就航させたことによる過大な建造費(さんふらわあ11の建造費は60億円と言われるが、さんふらわあ就航以前までは日本最大のフェリーだった「すずらん丸」(9,053総トン、新日本海フェリー)の建造費が約17億3,000万円であることからも、その建造費の巨額さがうかがえる)の金利や償却費負担がふくらんで採算が合わなくなったほか、1975年には親会社の照国郵船が多額の負債を抱えて倒産、設立わずか5年で子会社の日本高速フェリーの経営も大きく傾いた。
さんふらわあ11」の竣工で5姉妹船がすべて出揃い、照国グループ総帥の中川喜次郎が目指した「国際級の豪華船への夢」が実現したかに見えたが、これとは裏腹に1972年に就航した名古屋 - 高知 - 鹿児島航路は利用客が低迷し、「さんふらわあ11」が竣工した9月には、早くも1番船「さんふらわあ」を運航から外して減便し来島どっくに係船。これを売りに出すことになった。


■ 沿革
※【NK】日本高速フェリー 【KK】関西汽船 【TF】大洋フェリー 【EF】日本沿海フェリー
1969年6月 - 照国グループ総帥の中川喜次郎が、川崎重工業に「国際級の豪華船」の設計を打診する。
1970年5月 - 【NK】照国郵船を母体に、日本高速フェリー(資本金3億円)を設立。
1971年1月26日 - 【NK】さんふらわあ型1番船「さんふらわあ」が、川崎重工業神戸工場にて起工。
1972年
 1月18日 - 【NK】「さんふらわあ」竣工。
 2月1日 - 【NK】「さんふらわあ」名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に就航。
 5月17日 - 【NK】2番船「さんふらわあ2」川崎重工業神戸工場で竣工。
: 「さんふらわあ」と同型であり、外観もほとんど変わらない。同船は進水時の船名は「さんらいず」であったが改名され、3番船以降も「“さんふらわあ”+数字」の名が使われることになった。
 5月28日 - 【NK】「さんふらわあ2」名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に就航し、同航路は3日に2便の運航となる。
1973年
 3月3日 - 【NK】3番船「さんふらわあ5来島どっく大西工場で竣工。
 3月21日 - 【NK】「さんふらわあ5」東京 - 高知航路に就航。
 6月25日 - 【NK】4番船「さんふらわあ8」来島どっく大西工場で竣工。
 10月 - 第1次石油ショックが勃発。
1974年
 7月4日 - 【NK】「さんふらわあ8」東京 - 高知航路に就航。デイリー運航になるとともに、翌5日から那智勝浦寄港を開始。
 9月9日 - 【NK】5番船「さんふらわあ11」来島どっく大西工場で竣工。
 10月1日 - 【NK】「さんふらわあ11」大阪 - 鹿児島航路に就航。2日に1便の運航。
1975年
 9月2日 - 【NK】日本高速フェリーの親会社である照国海運が、海運不況による経営の行き詰まりから430億円の負債を抱えて倒産。
: 日本高速フェリーは創業以来一度も黒字になることはなく、わずか5年間で累積赤字は95億円に達した(この時点での資本金は36億円だったので、その3倍近くの欠損金を出していたことになる)。
 9月30日 - 【NK】大阪 - 鹿児島航路に就航している「さんふらわあ11」を70億円で来島どっくに売却し、チャーターバックして航路の維持を図る。
1976年
 5月 - 【NK】日本高速フェリーの主要株主の来島どっくが支援に乗り出し、来島グループの傘下になる。「さんふらわあ」を係船し、3航路に1隻ずつを就航する縮小体制。
 10月 - 【NK】「さんふらわあ2」も係船。東京 - 那智勝浦 - 高知航路に「さんふらわあ8」、名古屋 - 高知 - 鹿児島航路に「さんふらわあ5」、大阪 - 鹿児島航路に「さんふらわあ11」を配船。
 11月15日 - 【NK・TF】「さんふらわあ」「さんふらわあ2」が、商船三井系の海運会社である大洋フェリーに64億円で売却(これに伴う大洋フェリーの債務は商船三井が保証)。
1977年
 2月1日 - 【NK】大阪 - 鹿児島航路、志布志寄港を開始。
 3月1日 - 【TF】「さんふらわあ」「さんふらわあ2」が、大阪 - 苅田航路に就航。船首部分にバウマークとして、それまで運航していた「おりおん」「ぺがさす」の船体に描かれていた「流れ星」が追加された。
1978年
 3月31日 - 【NK】名古屋 - 高知 - 鹿児島航路の運航を休止。「さんふらわあ5」を係船。
 10月 - 第2次石油ショックが勃発。
1979年
 4月2日 - 【NK】休止中だった名古屋 - 高知 - 鹿児島航路を廃止。
 6月 - 【TF】「さんふらわあ」「さんふらわあ2」に、旅客設備のグレードアップを主眼とする改装工事を実施。
: 船尾両舷にあったランプウェイの撤去のほか、屋外プールの屋内温水プール化、上部に展望台を兼ねたレストラン・シアターを増設など(この改装工事で、総トン数は「さんふらわあ」が12,130総トンに、「さんふらわあ2」が12,105総トンに増加)。
 6月 - 【KK】クルーズ船「さんふらわあ7」就航。日本高速フェリー以外では初のさんふらわあを名乗る船舶となる。
1981年
 8月7日 - 【NK】係船中だった「さんふらわあ5」が大阪 - 志布志 - 鹿児島航路に就航、「さんふらわあ11」との2隻でデイリー運航を開始。
 1981年9月 - 【NK】「さんふらわあ11」に内装を中心とした改装工事を実施。13,575総トンに。
 1981年12月 - 【NK】「さんふらわあ5」に内装を中心とした改装工事を実施。13,322総トンに。
1982年7月 - 【NK】「さんふらわあ8」に内装を中心とした改装工事を実施。12,771総トンに。   3隻の改装工事は、いずれも来島どっくで行われた。

1984年
 2月 - 【NK】日本高速フェリーが36億円の資本金を98%減資し、7,200万円に。「さんふらわあ5」「さんふらわあ8」の2隻を来島どっくに売却し、チャーターバックして運航。
 11月 - 【TF・KK】大洋フェリーが名門カーフェリーと合併し、名門大洋フェリーを設立。大洋フェリーが所有していた「さんふらわあ」「さんふらわあ2」を、関西汽船の「フェリーこがね丸」「フェリーにしき丸」と交換。
: 関西汽船は両船を来島どっくに売却し、5隻すべてが来島どっくの所有となった。
 12月2日 - 【KK】関西汽船が「さんふらわあ」「さんふらわあ2」をチャーターし、大阪神戸 - 別府航路に就航。
1986年6月 - 【NK】大阪 - 志布志 - 鹿児島航路のうち、志布志 - 鹿児島間を繁忙期のみの運航に変更。
1987年3月 - 【KK】来島どっくの経営危機が表面化。関西汽船の経営からの撤退を表明。
1990年
 1月 - 【NK・EF】日本沿海フェリーが、日本高速フェリーから東京 - 那智勝浦 - 高知航路の営業権を譲受。「さんふらわあ8」移籍。
 7月 - 【KK】大阪商船三井船舶が関西汽船に資本参加し、傘下に収める。
 11月 - 【EF】日本沿海フェリー、ブルーハイウェイラインに社名変更。
 11月 - 【NK・EF】ブルーハイウェイラインが、日本高速フェリーから大阪 - 志布志 - 鹿児島航路の営業権を譲受。「さんふらわあ5」「さんふらわあ11」移籍。
: これにより、さんふらわあ5姉妹はすべて商船三井グループの所有となった。
保育士|現金|セルライト
姓名判断|がん保険|無料相性占い
ワンピース|エステ|運命の人
[6]次ページ
(1.2.商船三井グループへ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/24 10:40
前世占い|資格|フレッツ光
ほくろ除去|無料占い|婚活
この記事を共有する
「さんふらわあ」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/24 更新
 1位橋爪功#家族・親族
 2位天までとどけ
 3位能見達也
 4位佳子内親王
 5位ゴルゴ13 (架空の人物)
もっと見る>>
いま読まれている記事
田崎アヤカ|王家の紋章|Oha!4 NEWS LIVE|日本橋区|さんふらわあ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant