2018年平昌オリンピック
▼人気記事ランキング
4.参加国・地域
史上最多の92の国・地域から2925選手がエントリーを行った[9]
エクアドルエリトリアコソボマレーシアナイジェリアシンガポールの6か国は、冬季オリンピック初参加となった。
国家ぐるみの組織的なドーピング疑惑英語版が取り沙汰されているロシア連邦の今大会における地位は、長く不透明[10]であったが、2017年12月5日、国際オリンピック委員会 (IOC) はロシアオリンピック委員会英語版ロシア語版を直ちに資格停止とする決定を下したと発表した。
ロシアの選手はロシア選手団として出場できないが、オリンピック出場資格を有し、かつIOCのアンチドーピング規程に従うことを立証できる個人選手は「ロシアからのオリンピック選手 "Olympic Athletes from Russia" (OAR)」として、いかなる式典においても、中立的なオリンピック旗オリンピック賛歌の下、出場することが許される[11]
[4]前ページ
(3.予算・運営費)
[6]次ページ
(5.実施競技と日程)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/20 13:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant