2018年平昌オリンピック
▼人気記事ランキング
11.開催決定後の動向
11.2.ロシア選手団(OAR)の参加
2017年12月5日、IOCは理事会を開き組織的なドーピングを行ってきたとされるロシアに対し、ロシア選手団の参加を認めないと決めた[82]。以前のドーピング違反や薬物検査歴のないことが確認された同国選手は、個人資格での五輪参加が認められているが、ロシア国旗と国歌ではなくオリンピック旗オリンピック賛歌を利用すること、ロシアの国章「双頭のワシ」の代わりに五輪マークを使うこと、また、ロシアと特定されるあらゆるシンボルの使用も禁止、ユニホームなどで「ロシア」の文字は「ロシアからの五輪選手」に変更して新たにIOCの承認を受けること、「ロシア」の文字だけを大きく表記することも禁じた[83]

[4]前ページ
(11.1.北朝鮮)
[6]次ページ
(11.3.日本と韓国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/24 13:02
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant