2018年の野球
▼人気記事ランキング
3.死去
1月3日 - ロブ・ピッチオロ英語版アスレチックス他内野手、パドレスエンゼルスコーチ(*1953年[67]
1月4日 - 星野仙一中日ドラゴンズ投手、中日ドラゴンズ・阪神タイガース東北楽天ゴールデンイーグルス監督(*1947年[68]
1月22日 - 片平晋作南海ホークス西武ライオンズ横浜大洋ホエールズ内野手、外野手、イースト・アストライア監督(*1949年[69]
1月24日 - マルコス・カルバハル英語版マーリンズ他投手(* 1984年[70]
2月12日 - 高倉照幸西鉄ライオンズ読売ジャイアンツヤクルトアトムズ外野手(*1934年[71]
3月2日 - サミー・スチュワート英語版オリオールズ他投手(* 1954年[72]
3月6日 - スティーブ・ストローターマリナーズ・阪神タイガース他外野手(* 1952年[73]
3月15日 - エド・チャールズ英語版ロイヤルズ他選手(* 1933年[74]
3月29日 - ラスティ・スタウブアストロズ他選手(* 1944年[75]
4月22日 - 渡部英之、広島東洋カープ球団職員(総務部次長)、市民団体「カープかたりべの会」会長(* 1929年、もしくは1930年[76]
4月23日 - 衣笠祥雄、広島東洋カープ内野手、連続試合出場記録日本記録保持者、国民栄誉賞受賞者(* 1947年)[77]
6月5日 - 小田義人、ヤクルトスワローズ・日本ハムファイターズ・南海ホークス・近鉄バファローズ内野手、近鉄・ヤクルトスカウト(* 1947年)[78]
6月17日 - ダッチ・レナート英語版ナショナルリーグ審判員(* 1930年[79]
6月19日 - 宇佐美敏晴、読売ジャイアンツ投手(* 1947年[80]
6月25日 - ヨシ・カワノ英語版シカゴ・カブス球団職員(クラブハウス・マネージャー)(* 1921年[81]
7月13日 - 大塚徹サンケイアトムズ南海ホークス捕手・内野手・外野手(* 1945年[82]
7月31日 - 穴吹義雄、南海ホークス外野手・二軍監督(* 1933年[83]
8月11日 - 岡田英津也(岡田悦哉)、丸善石油内野手、西武ライオンズ元二軍監督など(* 1930年[84]
8月19日
八田正大映スターズ大映ユニオンズ大毎オリオンズ東京オリオンズ阪急ブレーブス内野手、(* 1936年[85]
仲野和男、西武ライオンズ外野手、日本野球機構パシフィック・リーグ統括兼パシフィック・リーグ運営部長(* 1961年[86]
8月21日 - ディーン・ストーン、ボストン・レッドソックス、大洋ホエールズ投手、(* 1930年[87]
8月27日 - 鵜狩道夫、西鉄ライオンズ・広島東洋カープ投手、長嶋茂雄の「幻の本塁打」時の対戦投手(* 1936年[88]
9月12日 - 田辺義三、西鉄ライオンズ捕手・外野手・内野手、高卒新人捕手として史上初の日本シリーズ出場(* 1937年[89]
9月23日 - 滝内弥瑞生、西鉄ライオンズ内野手、近鉄バファローズ二軍監督(* 1935年[90]
10月2日 - 金田留広東映フライヤーズロッテオリオンズ・広島東洋カープ投手、金田正一の実弟(* 1946年[91]
10月9日 - 手塚明治、読売ジャイアンツ・大洋ホエールズ内野手(* 1921年[92]
10月15日 - ジョー・スタンカホワイトソックス・南海【現ソフトバンク】投手。1964年最優秀選手及び日本シリーズ最高殊勲選手賞、(* 1931年[93]
10月17日 - 古川清蔵名古屋軍阪急ブレーブス外野手(* 1922年[94]
10月26日 - 森下整鎮(森下正夫)、南海ホークス内野手、中日ドラゴンズ二軍監督(* 1933年[95]
10月31日 - ウィリー・マッコビーサンフランシスコ・ジャイアンツ内野手(* 1938年[96]
12月6日
ルイス・バルブエナロサンゼルス・エンゼルス内野手(* 1985年[97]
ホセ・カスティーヨ、横浜ベイスターズ内野手(* 1981年[97]
[4]前ページ
(2.4.高校野球)
[6]次ページ
(4.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/21 16:03
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant