2016年全仏オープン男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
全仏3年連続4度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと全仏初決勝進出のアンディ・マリーの決勝。マリーは男子イギリス人として1937年バニー・オースチン以来の決勝進出。
ジョコビッチが 3-6, 6-1, 6-2, 6-4で勝利し全仏初・グランドスラム12度目の優勝。4大大会優勝12回はロイ・エマーソンと並ぶ歴代4位タイ記録。
ジョコビッチはキャリアグランドスラムとノンカレンダーイヤー・グランドスラム[1]を達成した。また1969年のロッド・レーバー以来のグランドスラム全4タイトル同時保持となった。さらに1992年のジム・クーリエ以来となる全豪と全仏の同年二冠を達成した。[2]
前回優勝のスタン・ワウリンカは準決勝でアンディ・マリーに敗れた。
ロジャー・フェデラーが四大大会では1999年全米以来となる本戦不出場となった。フェデラーのグランドスラム連続出場記録は65大会でストップした。
目次
1.シード選手
2.ドロー表
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.参考文献

1. グランドスラム4大会連続優勝
2. “Novak Djokovic eyes calendar slam after French Open title”. Sports Cafe (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。

出典:Wikipedia
2018/04/05 18:02
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant