2016年リオデジャネイロオリンピック
▼人気記事ランキング
3.参加国・地域
206のすべての国と地域から、各々の国内オリンピック委員会 (NOC) による代表選考を通過した選手が、各国・地域につき少なくとも1名は出場している。最初に今大会への選手の出場資格を認めた3ヶ国は、イギリス、オランダ、ドイツで、2014年の世界馬術選手権でメダルを獲得したことにより、各国が4名の選手を馬場馬術団体の代表に選出した[11]

ブラジルは開催国として、自転車競技のすべての種目と6つのウエイトリフティング競技の出場資格を含む、いくつかの競技で自動的に出場資格を得た[12][13]コソボ南スーダンにとっては、今大会が初めてのオリンピックへの参加となる。ブルガリアロシアのウエイトリフティングの選手は、数々の反ドーピング規程の違反により今大会への出場が禁止された[14][15]

ロシアの国ぐるみのドーピング疑惑が発生してWADAなどがロシアの選手のオリンピックへの出場停止を勧告した。IOCは8月にロシア選手団389人のうち271人の出場を認めた(ロシアにおけるドーピングも参照)[16]

クウェートは同国のオリンピック委員会にクウェート政府が干渉したことを巡って、2015年10月にIOCから5年間で2度目となる出場資格停止処分を受けた[17]

内戦などによる難民のために初めて「難民選手団」が結成され、参加した。


[4]前ページ
(2.開催都市決定までの経緯)
[6]次ページ
(4.実施競技について)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/18 13:34
ソ人気記事ランキング
2020/01/17 更新
 1位日本
 2位平清香
 3位ドロヘドロ
 4位軽井沢スキーバス転落事故
 5位1月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant