2014年全米オープン男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
マリン・チリッチ錦織圭グランドスラム初決勝進出者同士の決勝。チリッチが勝利し初グランドスラムタイトルを獲得。
決勝進出者が両者ともグランドスラム優勝経験が無いのは2008年全豪オープンノバク・ジョコビッチジョー=ウィルフリード・ツォンガ以来27大会ぶり、両者ともグランドスラム決勝進出経験が無いのは2005年全仏オープンラファエル・ナダルマリアノ・プエルタ以来38大会ぶり。
チリッチは2002年ピート・サンプラスが第17シードで優勝して以来の低いシードでの優勝となった。錦織圭は日本人で初となる決勝進出を果たした。
2005年全豪オープン以来39大会ぶり、全米オープンでは2003年全米以来11年ぶりの、BIG4(ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルジョコビッチ)が決勝に残らない大会となる。
ジョコビッチが全米で決勝に進出できなかったのは2009年以来5年ぶり。
前回優勝のナダルは右手首の怪我により出場辞退した。
目次
1.シード選手
2.ドロー表
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.地域別出場者数
4.参考文献
出典:Wikipedia
2017/09/26 15:03
ソ人気記事ランキング
2019/08/20 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位千と千尋の神隠し
 4位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant