2014年ウィンブルドン選手権男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
2年連続3度目の決勝進出のノバク・ジョコビッチと2年ぶり9度目の決勝進出のロジャー・フェデラーの対戦。2人がグランドスラム決勝で対戦するのは2007年全米以来7年ぶり。
ジョコビッチフェデラーに5セットで勝利し大会2度目、グランドスラムでは2013年全豪以来の7度目のタイトルを獲得した。前回優勝アンディ・マレーは準々決勝でグリゴール・ディミトロフに敗れた。
19歳のニック・キリオスは2004年フロリアン・マイヤー以来の大会初出場でのベスト8入りを果たした。またキリオスは1992年以来もっとも低い世界ランクで世界ランキング1位選手に勝利した選手となった。
この大会後ジョコビッチやラファエル・ナダルに代わり世界ランキング1位となった。1位が代わったのは2013年10月以来となる。
目次
1.シード選手
2.ドロー表
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.参考文献
出典:Wikipedia
2017/03/04 15:33
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant