2013年
▼人気記事ランキング
14.フィクションのできごと
5月 ー 鳳凰島にて、死亡事故が発生。この事故を口実に島での噂を調査させるため、甲斐峯秋警察庁次長から密命を受けた、警察庁長官官房付の神戸尊が、杉下右京警部と甲斐亨巡査部長に鳳凰島に行くように命じられ、二人は島に上陸。調査を開始する。この事故を期に防衛省、政府の陰謀に関わる事件に発展していく。(映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』)
6月29日6月30日 - 7月1日 - アメリカのトールオークスと中国蘭祥(ランシャン)で相次いでバイオテロが発生。アメリカ大統領を含む多数の死者が出る。(ゲーム『バイオハザード6』)
8月10日[157] - 「K-DAY」。太平洋海底の地殻プレートに生じた「ブリーチ」から怪獣「トレスパッサー」が出現し、サンフランシスコからアメリカに上陸。トレスパッサーは戦術核兵器を含む攻撃を受けて6日後に倒され、核爆発によってオークランドに生じた汚染区域は、後に「オブリビオン・ベイ」となる。(映画『パシフィック・リム』)[158][159]
8月23日 - 地球帝国宇宙軍が建造した人類初の超光速宇宙戦艦「るくしおん」が進宙する。(アニメ『トップをねらえ!』)[160][161]
8月27日 - オクラホマ州クーガーズロック、房総半島沖合、地中海上にて、重力低下現象や電磁誘導現象、時間の加速などを伴う「スポット」が出現。翌日には南太平洋インド洋南大西洋上にも発生する。これにより、スポット付近の「停滞台風」や、世界各地での異常気象などが生じることになる。(小説『時の果てのフェブラリー』)[162][163]
10月4日 - 「糸守町彗星災害」発生。1200年ぶりに地球に最接近した「ティアマト彗星」の核が地球近傍で砕け、直径40メートルの岩塊を内包した破片が隕石となり岐阜県糸守町に落下する。被害は町内の広範囲におよび、500名以上が死亡。糸守湖に隣接する形で生じたクレーターは糸守湖と一体化し「新糸守湖」となる。(アニメ映画『君の名は。』)[164]
警視庁捜査一課刑事の三浦信輔が、昇任試験に合格、警部補へ昇格するが、甲斐峯秋警察庁次長が浚われた事件で足を負傷、杖なしでは歩けない状態になり、警視庁を依願退職。(テレビドラマ『相棒 season12』)
宇宙船「ギャニミード号」が誤って地球に持ち帰った宇宙病原体によって「ギャニミード号の惨事」が発生する。(小説『宇宙ヴァンパイアー』)[165]
宇宙からの電波および飛行物体の確認によって、地球外生命体「フォーリナー」の存在が発見される。その後、コンタクトが試みられるも失敗。(ゲーム『地球防衛軍3』)[166][167]
大知性体が地球人の魂をインターネット上にアップロードする。(ドラマ『ドクター・フー』)
ザイゴンがロンドン塔を制圧、人類側の自衛措置によりロンドン滅亡の危機。(ドラマ『ドクター・フー』)
揚陸艇型の「進化侵略体」が台湾・高雄市に上陸し、台湾軍および超国家機関「DOGOO」と交戦。DOGOO所属および居合わせた小椋しおら「E遺伝子ホルダー」によって揚陸艇型は蓮池潭公園内で撃破されるが、直後に自爆する。これが進化侵略体の地上への初上陸となり、これを受けてDOGOOの存在が公表される。(漫画・アニメ『ノブナガン』)[168]
[4]前ページ
(13.ノーベル賞)
[6]次ページ
(15.1.注釈)

157. 小説版では8月11日
158. アレックス・アーバイン 『パシフィック・リム』 角川書店2013年、6・7・156頁。
159. 映画の前日譚を描いたコミック『パシフィック・リム:イヤーゼロ』、2013年12月4日(水)発売! - PR TIMES小学館集英社プロダクションによるプレリリース)、2013年11月29日、2016年2月20日閲覧。
160. トップをねらえ!』劇中、第1話冒頭の新聞記事より。
161. 『トップをねらえ大全!』 バンダイビジュアル2012年、26・138・140頁。
162. 旧版では1998年。
163. 山本弘 『時の果てのフェブラリー ?赤方偏倚世界?』 徳間書店2001年、54 - 65・296頁。
164. 新海誠 『小説 君の名は。』 KADOKAWA2016年、124・125・127頁。
165. コリン・ウィルソン 『宇宙ヴァンパイアー』 新潮社1977年、13頁。
166. 地球防衛軍3 - 『地球防衛軍3』公式サイト。
167. ストーリー - 『地球防衛軍3 PORTABLE』公式サイト。
168. 久正人 『ノブナガン 1』 アース・スター エンターテイメント2012年、13 - 117・213頁。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/30 06:30
ソ人気記事ランキング
2018/06/20 更新
 1位寺田屋事件
 2位大阪府北部地震
 3位小林由美子
 4位ドーハの悲劇
 5位6月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant