2012年全米オープン男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要

4年ぶりに全米決勝進出を果たしたアンディ・マレーが前回優勝のノバク・ジョコビッチを倒し優勝。マレーはグランドスラム初タイトルとなり、フレッド・ペリー以来76年ぶりのイギリス人のグランドスラムチャンピオンとなった。またこの決勝試合は4時間16分となり全米オープン決勝最長記録となる。
ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルジョコビッチの3人以外が4大大会で優勝したのは2009年全米以来12大会ぶり。フェデラーナダル2人ともベスト4に進出できなかったのは2004年全仏以来。また2003年優勝アンディ・ロディックの引退大会でもある。 
目次
1.シード選手
2.ドロー表
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.参考文献
出典:Wikipedia
2018/04/11 16:32
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant