2011年全仏オープン男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
前回優勝のラファエル・ナダルと2年ぶり5度目の決勝進出のロジャー・フェデラーとの全仏決勝4度目の対決。ナダルが7?5, 7?6(7?3), 5?7, 6?1で勝利し2連覇6度目の優勝。全仏優勝6回はビョルン・ボルグの並び歴代3位記録。また、全仏で第1シードの選手が優勝したのは2001年のグスタボ・クエルテン以来10年ぶり。
開幕から連勝中であったノバク・ジョコビッチは準決勝でフェデラーに敗れ、開幕からの41連勝でストップ。同1位のジョン・マッケンローの42連勝に届かなかった。
目次
1.シード選手
2.ドロー表
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.参考文献
出典:Wikipedia
2017/04/30 15:03
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant