2011年バスケットボール男子アジア選手権
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
2011年FIBAアジア男子バスケットボール選手権(The 26th FIBA Asia Championship for Men)は、2011年9月に開催された第26回バスケットボール男子アジア選手権大会。
前回事情により立候補を断念したフィリピンも開催に名乗りを挙げていたが、2010年6月20日のFIBAアジア総会にて、レバノンでの開催が決まっていた。しかし、諸事情により開催地が変更され中国武漢で開催された。
ロンドン五輪アジア予選も兼ねて行われた。今大会優勝国のみがロンドン五輪へ自動的に出場。2位と3位は2012年7月の世界最終予選に回った。日本は準々決勝で敗れたためロンドン五輪、および世界最終予選の出場権が無くなった。中国が3大会ぶり優勝でロンドン五輪出場権を獲得。ヨルダンと韓国が世界最終予選へ進んだ。
目次
1.出場国
2.1次ラウンド
├2.1.グループA
├2.2.グループB
├2.3.グループC
└2.4.グループD
3.2次ラウンド
├3.1.グループE
└3.2.グループF
4.13?16位決定トーナメント
├4.1.準決勝
├4.2.15位決定戦
└4.3.13位決定戦
5.9?12位決定トーナメント
├5.1.準決勝
├5.2.11位決定戦
└5.3.9位決定戦
6.決勝トーナメント
├6.1.準々決勝
├6.2.5?8位決定予備戦
├6.3.準決勝
├6.4.7位決定戦
├6.5.5位決定戦
├6.6.3位決定戦
└6.7.決勝
7.最終順位
8.各賞
9.関連項目
10.脚注
出典:Wikipedia
2018/12/27 16:31
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant