2010年代
▼人気記事ランキング
3.世相
3.2.文化
テレビゲーム市場では2000年代後半〜2010年代前半にかけて(第七世代)、任天堂が一歩リードしマイクロソフトソニー・コンピュータエンタテインメント (SCEI) が追従する三つ巴の争いとなっていたが、2010年代半ば(第八世代)になると SCEI (現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE))の「PlayStation 4」が、二世代ぶりに他社ハードの販売台数を大きく引き離してリードしている[7]。この他、コンピュータゲームの新たな表現手法として3D立体視ゲームやARゲーム、VRゲームが登場している。
2007年に、誕生したスマートフォンが普及した。
2005年に誕生したYouTubeからできた、YouTuberという言葉が2010年代半ば頃から広まった。
[4]前ページ
(3.1.社会)
[6]次ページ
(4.フィクションのできごと)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant