サービス終了のお知らせ
2009年欧州議会議員選挙
▼人気記事ランキング
5.選挙にむけた活動
各国内の政党の多くは欧州議会議員選挙において欧州規模の政党のもとで、欧州連合の域内で横断的に連携している。欧州規模の政党として挙げられるのは、欧州人民党欧州社会党欧州自由民主改革党欧州自由同盟欧州緑の党、諸国民のヨーロッパのための連合、欧州左翼党欧州民主党、EU民主主義がある。今回の選挙に向けた活動をもっとも早い時期から始めていたのは欧州緑の党で、2004年から活動していた[46]。また2009年の選挙で欧州規模の政党の要件を満たそうとする新党にはニューロピアンズ、ヨーロッパ・ユナイテッド[47]、ヨーロッパ・民主主義・エスペラント、リベルタスがある。欧州規模の政党の役割は、2007年に欧州委員会が対欧州連合機関関係・コミュニケーション戦略担当委員マルゴット・ヴァルストレムの指揮のもとで拡大された[48]

この選挙では現職の欧州委員会委員4人が立候補している。その4人の委員とは、ビビアン・レディング(ルクセンブルク出身、情報社会・メディア担当、キリスト教社会人民党 / 欧州人民党所属)、ルイ・ミシェル(ベルギー出身、開発・人道援助担当、改革運動 / 欧州自由民主改革党所属)、ダヌータ・ヒューブナー(ポーランド出身、地域政策担当、市民プラットフォーム / 欧州人民党所属)、メグレナ・クネヴァ(ブルガリア出身、消費者保護担当、安定と進歩のための国民運動 / 欧州自由民主改革党所属[49])である。またヤーン・フィゲル(スロバキア出身、教育・訓練・文化・青少年担当、キリスト教民主運動 / 欧州人民党所属)も立候補がとりざたされたが、最終的には立候補しなかった。その代わりとしてフィゲルはキリスト教民主運動の新党首に就くことになっている[50]

[4]前ページ
(4.2.リスボン条約による変更)
[6]次ページ
(5.1.選挙にあわせて問題提起を行なう活動団体)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/14 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant