サービス終了のお知らせ
1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決は、セントルイス・カージナルス所属のマーク・マグワイア一塁手シカゴ・カブス所属のサミー・ソーサ右翼手による1998年ナショナルリーグ本塁打王争いであり、両者共に1961年ニューヨーク・ヤンキースロジャー・マリスが樹立したシーズン61本塁打MLB記録を更新するほどのハイレベルな争いとなり、最終的にマグワイアが70本塁打、ソーサが66本塁打で終えた。232日間に及ぶ長期ストライキ以降に大きく落ち込んでいたMLB全体の観客動員数も1998年シーズンはスト以前の水準にまで戻るほどの盛り上がりを見せた[1]。マグワイアはシアトル・マリナーズケン・グリフィー・ジュニアと共にアメリカ合衆国における野球人気復活の立役者となり、このシーズンに成績を大きく向上させたソーサも一躍ドミニカ共和国の国民的英雄となった。なお、マグワイアが樹立した70本塁打のシーズン本塁打記録は3年後の2001年サンフランシスコ・ジャイアンツ所属のバリー・ボンズによって破られ、73本塁打に更新された。
目次
1.概要
2.本塁打一覧
3.ステロイド疑惑
4.脚注
出典:Wikipedia
2020/02/19 00:38
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant