1995年ウィンブルドン選手権男子シングルス
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
大会2連覇中のピート・サンプラスとグランドスラム決勝進出4年ぶりのボリス・ベッカーの決勝。サンプラスが 6?7(5?7), 6?2, 6?4, 6?2で勝利し、グランドスラム6度目の優勝。
また、松岡修造が日本人男子テニス選手として1933年の佐藤次郎以来62年ぶりのベスト8入りを果たした。その後の日本人男子シングルスのウィンブルドンベスト8進出には、2018年大会の錦織圭まで23年を要することになった[1][2]
目次
1.シード
2.ドロー
├2.1.略語の意味
├2.2.ベスト8
├2.3.トップハーフ
└2.4.ボトムハーフ
3.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/07/10 19:02
ソ人気記事ランキング
2019/09/23 更新
 1位日本
 2位清須会議 (小説)
 3位清洲会議
 4位逆鉾昭廣
 5位9月22日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant