1992年
▼人気記事ランキング
8.フィクションのできごと
1月12日 - 人工頭脳HAL9000」が、イリノイ州アーバナのHAL工場で始動する。(映画『2001年宇宙の旅』、小説『2010年宇宙の旅』、映画『2010年』)[3][4][5]
5月2日 - 「零日(デイ・ゼロ)」。アイダホ州の民間企業において、ジョン・デルガーノ少佐による時間旅行時に事故が発生。その数時間後、ボネウィル粒子加速研究機関にて原因不明の爆発が発生し、その被害区域に実戦配置状態のMIRVミサイルが存在したことから、地球の生物圏の変化などを伴う世界的な大破壊へと発展する。(小説『故郷へ歩いた男』)[6]
NASAの宇宙船「フレズノ」の着陸艇によって、4名の着陸隊が火星ヘラス盆地に降り立ち、20年前に無人探査機が発見した生命体の調査を行う。その後、地震や砂塵によって着陸隊のうち3名が死亡し、ブラッドリイ・レナルズのみが生還する。(小説『もし星が神ならば』)[7]
[4]前ページ
(7.ノーベル賞)
[6]次ページ
(9.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/16 13:31
ソ人気記事ランキング
2019/06/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位ジョー・コックス
 4位コボちゃん
 5位6月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant