1988年のワールドシリーズ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
1988年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第85回ワールドシリーズ(85th World Series)は、10月15日から20日にかけて計5試合が開催された。その結果、ロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)がオークランド・アスレチックスアメリカンリーグ)を4勝1敗で下し、7年ぶり6回目の優勝を果たした。
両チームの対戦は、1974年以来14年ぶり2回目。ドジャースの外野手カーク・ギブソンは、両脚の故障により試合出場どころか普通に歩くこともままならない状況だったものの[3]、第1戦の1点を追う9回裏に代打で登場すると逆転サヨナラ2点本塁打を放ち、足をひきずりながらベースを一周した。この場面は、
というように、複数のメディアによってシリーズ史に残る劇的な場面と評価されている。シリーズMVPには、第2戦と第5戦の2度の先発登板でいずれも完投勝利を挙げ、2勝0敗・防御率1.00という成績を残したドジャースのオーレル・ハーシュハイザーが選出された。
目次
1.試合結果
├1.1.第1戦 10月15日
├1.2.第2戦 10月16日
├1.3.第3戦 10月18日
├1.4.第4戦 10月19日
└1.5.第5戦 10月20日
2.脚注
3.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/06 23:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant