1980年代
▼人気記事ランキング
2.世相
2.2.文化
ヘヴィメタルが流行。MTVの影響力を背景に、ロックの商業化が進む。
MTVを巧みに利用した戦略でマドンナマイケル・ジャクソンが大ヒットする。
アタリ社1978年にアメリカで発売した家庭用ゲーム機Atari 2600」に『スペースインベーダー』などのアーケードゲームキラータイトルが移植され、大ブームとなった。しかし、参入したサードパーティーが低品質なゲームを粗製濫造したため、1980年代前半にはアメリカにおける家庭用ゲーム市場の崩壊「アタリショック」を招く結果となった(第二世代)。
1982年任天堂日本で家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータを発売し、大人気を博す。北米では1985年に、ヨーロッパでは翌1986年に「Nintendo Entertainment System」として発売され、北米で家庭用ゲーム市場が復活するきっかけとなった(第三世代)。
1989年セガが家庭用ゲーム機「Sega Genesis」(日本の「メガドライブ」に相当)を北米で発売、翌年に発売された任天堂の「Super Nintendo Entertainment System」(SNES, 日本の「スーパーファミコン」に相当)と互角以上のシェア争いを展開し、セガのゲーム機の中で最大の成功を収めた(第四世代)。
[4]前ページ
(2.1.社会)
[6]次ページ
(3.1.アメリカ合衆国と西ヨーロッパ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/11 01:00
ソ人気記事ランキング
2019/04/20 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位島田さくら
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位モンキー・パンチ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant