サービス終了のお知らせ
1978年のワールドシリーズ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
1978年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第75回ワールドシリーズ(75th World Series)は、10月10日から17日にかけて計6試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)を4勝2敗で下し、2年連続22回目の優勝を果たした。
両チームの対戦は2年連続で、歴代最多の10度目。4勝2敗でヤンキースの優勝という結果は前回と同じだった。初戦から2連敗のあと第3戦からの4連勝で優勝を決めたのは、今シリーズのヤンキースが史上初である[3]。ヤンキース監督のボブ・レモンは、32年ぶり史上2人目の投手出身シリーズ優勝監督となった[4]シリーズMVPには、優勝を決めた第6戦で3安打3打点を挙げるなど、6試合で打率.417・7打点・OPS.898という成績を残したヤンキースのバッキー・デントが選出された。
ワールドシリーズでは1976年から指名打者(DH)制度が導入され、1985年までの10年間は、偶数年は全試合で採用、奇数年は全試合で不採用とされていた[5]。したがって今シリーズでは、DH制が全試合で採用されている。
目次
1.試合結果
├1.1.第1戦 10月10日
├1.2.第2戦 10月11日
├1.3.第3戦 10月13日
├1.4.第4戦 10月14日
├1.5.第5戦 10月15日
└1.6.第6戦 10月17日
2.脚注
├2.1.注釈
└2.2.出典
3.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/13 22:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant