1970年の日本シリーズ
▼人気記事ランキング
2.試合結果
2.5.第5戦
11月2日 東京 入場者31281人

(巨)○高橋一(1勝1敗)−森
(ロ)小山、●木樽(2敗)、平岡、佐藤元、前田康、八木沢−醍醐
本塁打
(巨)黒江2号2ラン(4回小山)
(ロ)江藤1号2ラン(1回高橋一)
[審判]セ谷村(球)パ道仏 セ竹元 パ沖(塁)パ田川 セ岡田功(外)

ロッテは1回、江藤慎一の2ラン本塁打でこのシリーズ初めての先取点。しかし巨人も4回、黒江の2号2ラン本塁打で同点。7回、二死一塁から森昌彦が左翼方向に打ち上げた打球を追った遊撃手・飯塚佳寛と左翼手・アルトマンが激突。その間に一塁走者の黒江が生還し、これが決勝点となった。このとき、アルトマンは打球を追うことなく動けない飯塚の元へ駆け寄った。日本一を引き寄せる勝ち越し点に狂喜乱舞する巨人ベンチの中で、川上監督はその様子をしっかり観察し「彼は我々とは違う、高いレベルでのプレーを見せてくれている」とアルトマンの行動を評価したと、当時巨人の現役選手で後年スポーツライターになった瀧安治が記している[7]。このあと巨人は高橋一のタイムリー安打で追加点を挙げ、8回にも2点を奪い、勝負を決めた。高橋一は2年連続で日本シリーズ胴上げ投手。最終打者は江藤で右翼フライだった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

[4]前ページ
(2.4.第4戦)
[6]次ページ
(3.表彰選手)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/22 17:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant