1970年の日本シリーズ
▼人気記事ランキング
2.試合結果
2.3.第3戦
10月31日 東京 入場者26542人

(巨)堀内、高橋一、渡辺秀、倉田、○山内新(1勝)−
(ロ)木樽、平岡、●小山(1敗)−醍醐大塚
本塁打
(巨)長嶋1号ソロ(4回木樽)、長嶋2号2ラン(11回小山)

[審判]パ岡田豊(球)パ沖 セ松橋 パ田川(塁)パ斎田 セ竹元(外)

長嶋茂雄の本塁打などで0-3とリードされたロッテは8回裏、代打・岩崎忠義が四球出塁、続く有藤が安打で続いたところで池辺巌のタイムリー二塁打で1点差に詰め寄った。さらに、三塁に進んでいた池辺が捕逸で生還し、同点に追いついた。ロッテは9回から小山正明をリリーフに送ったが、巨人は延長11回、長嶋が日本シリーズ史上初の通算20号となる2ラン本塁打を放ち、これが決勝点となった。巨人は3連勝でV6に王手をかけた。

浩宮(当時)とその学友が来場してこの試合を観戦している[6]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

[4]前ページ
(2.2.第2戦)
[6]次ページ
(2.4.第4戦)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/22 17:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant