サービス終了のお知らせ
1969年の日本シリーズ
▼人気記事ランキング
1.試合結果
1.2.第2戦
10月27日 阪急西宮球場 入場者数:24106人 試合開始13:00 試合時間2時間36分

[審判]セ筒井(球)パ久喜 セ竹元 パ道仏(塁)パ沖克己 セ富澤宏哉(外)

高田の本塁打で巨人が先制したが、阪急も8回、一死二塁から阪本が左翼前安打し、二塁走者の山本公士森昌彦のブロックをかいくぐり生還、同点に追いついた。10回裏、阪本の投ゴロを高橋一がジャッグル、続く森本の一塁ゴロで王が悪送球(記録は内野安打)と巨人のミスが続いたところに長池徳士の安打で、阪急がサヨナラ勝ち(阪急としては初のシリーズサヨナラ勝ちで、全体では1966年第5戦でのハドリの本塁打以来3年ぶり12回目)。対戦成績を1勝1敗のタイにした。


公式記録関係(日本野球機構ページ)

[4]前ページ
(1.1.第1戦)
[6]次ページ
(1.3.第3戦)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/01 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant