1947年全米選手権 (テニス)
▼人気記事ランキング
2.シード選手
2.1.男子シングルス
(アメリカ人シード選手:10名)
 ジャック・クレーマー (優勝、大会2連覇)
 フランク・パーカー (準優勝)
 トム・ブラウン (ベスト8)
 ガードナー・ムロイ (ベスト8)
 ビル・タルバート (1回戦、途中棄権)
 パンチョ・セグラ (ベスト8)
 ボブ・ファルケンバーグ (ベスト8)
 エディ・モイラン (4回戦)
 ビック・セイシャス (4回戦)
 アール・コチェル (1回戦)
(外国人シード選手:10名)
 ジョン・ブロムウィッチ (ベスト4)
 ヤロスラフ・ドロブニー (ベスト4)
 ディニー・ペイルズ (4回戦)
 コリン・ロング (4回戦)
 トルステン・ヨハンソン (4回戦)
 ジェフ・ブラウン (4回戦)
 ビル・シッドウェル (3回戦)
 ウラジミール・チェルニーク (3回戦)
 エンリケ・モレア (3回戦)
 ベルナール・デストレモー (3回戦)
[4]前ページ
(1.大会の流れ)
[6]次ページ
(2.2.女子シングルス)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/02/03 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant