goo
Wikipedia
ゴッドイーター
ほくろ除去|無料ゲーム|てんびん座
▼人気記事ランキング
8.用語
神機」、「アラガミ」についてはそれぞれの項を参照。
ゴッドイーター
    神機の使い手を指す呼び名。人類がアラガミに対して唯一対抗できる存在である。神機とのシンクロの為に肉体にオラクル細胞を投与されており、それに伴って非常に高い身体能力を持つ。各地に出没するアラガミを討伐し、捕喰によりその生体素材を採取することを至上任務とする。死と隣り合わせの危険な仕事のため、給料は高く、家族の生活も保障される。それだけに一般市民からは逆に特権階級として目の敵にされる事もある。
  ゴッドイーターになるには、自分の身体に適合した偏食因子が発見されない限り、本人がどれほど希望してもなることは出来ない。逆に偏食因子が発見された者は、フェンリルからの配給を受けている限りゴッドイーターになることを拒む事もできない。
  一定以上の成果を上げる、一定の年齢に達する等することで引退が認められるが、それに達することなく生涯を終える者がほとんどである。
  プロモーションアニメから、実用化当初は軍からも「餓鬼」扱いされ、毛嫌いされていたことがわかる。
 ; 適正検査
   入隊志願者が神機に適合するかを確かめる検査。神機を載せたプレス機に似た機械でハーネスを右手首に嵌め込む事で行われ、かなりの苦痛を伴う。表向きはパッチ検査の一種とされているが、神機に適合しなかった場合は神機に「捕喰」され肉片になってしまう。現在はコンピュータによる精密な予備検査を経て候補者を絞っているため、適合失敗による捕喰はほとんど無くなった。
 ; 感応現象
   新型神機使い同士、適合外神機への接続、アラガミ化侵喰途上にある神機使い等に触れることよって起こる、いわゆる共鳴に近い現象。原因はさまざま噂されてはいるが、詳しいことは不明。
   起こりうる現象で現在判明しているのは…
  *新型神機使いが触れ合った際、記憶の一部を垣間見る(ぼやけた顔等は曖昧な記憶に添った形で伝わる)
  *適合外神機に侵喰された新型神機使いが当該神機に触れた際、本来の適合者・持ち主の記憶を垣間見る
  *アラガミ化侵喰途上にある神機使いとの神機を介しての物理的接触により、当該神機使いの短期記憶にあたる数10秒前からの映像・思考が再生される
  *アラガミ化した神機使いの体内に存在するコア(指令細胞群)への物理的接触により、当該神機使いの精神へ直接介入する
  …等である。これら複雑な他者の情報が、客観的な時間ではものの数秒で処理されている。
  また、P66偏食因子の投与によって感応現象が応用され「血の力」として戦闘に利用される。
 ; リンクエイド
   体力の尽きた仲間に対して、自身の体力の半分を分け与えて蘇生させる行為。スキルなどによって、体力の譲渡量は変化する。
   倒れたのがプレイヤーキャラクターの場合、HPが尽きて30秒以内にリンクエイドが成功すれば復活できる。NPCが倒れた場合には30秒という制限はない。
  プレイヤーが復活できなかった場合リスポーンとなり、3つある任務報酬のアイテムが一つずつ消滅していく。3つすべての報酬がすべて無くなるとミッション失敗となる。
 

フェンリル
    ゴッドイーターによるアラガミ討伐を実行する組織。元々はオラクル細胞を研究していた生化学企業であり、神機を発明したのも彼らである。また討伐部隊の指揮だけでなく、各地にアラガミ防壁に囲まれた都市「ハイヴ」を建造し、それらの統治機構としても働いている。フィンランドに存在する本部の他に、世界各地に支部を持つ。
  オラクル細胞が発見される以前は、遺伝子工学を主とする穀物メジャーであった。2012年創業。
 ; 極東支部
   主人公の所属するフェンリルの基地。通称「アナグラ」。かつて日本があった土地に建設された。ミッションを受注するエントランスを中心とし、新人区画、ベテラン区画、役員区画、ラボラトリなどから構成され、それぞれエレベーターで往来する。公式設定資料集で、神奈川県藤沢市である事が発覚し、主人公らがアラガミの討伐に赴くフィールドもエイジス島を除き神奈川県内に所在している。
   極東地域にアラガミが集結し、激戦地となっていることから、対アラガミ戦線の花形であり、さらにはエイジス計画の要的役割も勤める関係上ほかの支部よりあらゆる面で優遇されており、名を上げる為に極東支部に赴任を希望する神機使いや物資を求める移住者達があとを絶たない。
  ; クレイドル
    フェンリル極東支部独立支援部隊。ゴッドイーターとしての職務の傍らサテライト拠点の支援新設を行う部隊。旧極東支部第一部隊の面々が中心となって構成されている。『the 2nd break』で設立された。
 ; ロシア支部
   かつてアリサが所属していたフェンリルの基地。モスクワにあり極東支部に並ぶ設備と戦力を持っているが、シックザール支部長の傀儡となっている。『アリサ・イン・アンダーワールド』によると、2069年設立。
 ; グラスゴー支部
   ギルバートがブラッドに配属される前に所属していた、グラスゴーに存在する支部。
   グラスゴーのアラガミ被害が少ないことから、ギルやハルオミがいた頃は神機使いが3人でも大丈夫だった小規模な支部となっている。
 ; フェンリル極致化技術開発局
   移動要塞を拠点としたフェンリルの直轄支部。通称「フライア」(FRIAR / Fenrir Research Institute for Apotheosis Reinstatement)。「極致化計画」の遂行を目的として設立された支部。主に「神機兵」と「血の力」の開発と研究をしている。他にも「ブラッド」によるアラガミの討伐も実行している。
  ; ブラッド
    『2』の主人公の所属するラケル博士によって設立された「フライア」直属の特殊部隊。隊員は第三世代神機使いによって構成されており、部隊名の由来にもなっている「血の力」を宿している。
 ;本部
  フェンリルの本部。事実上世界を支配しているのはこのフェンリル本部であるが、情報の隠蔽や錯綜の他、各支部から送られた応答への遅延などによってフェンリル支部のゴッドイーターから反感を買うことも少なくない。
 

ハイヴ
    アラガミにより壊滅した地球の各地に建造されたコロニーの総称。直訳すると「」。周囲をアラガミ防壁で囲まれている。
  生産と消費が自己完結しているアーコロジーとなっており、仮に特定の支部以外のフェンリルの施設が壊滅しても、生き残る事ができる。
 ; アラガミ防壁
   ハイヴを防衛する城壁。オラクル細胞の「嗜好」を分析し、捕喰され辛い物質で構成されている。
   これにより防壁内部はアラガミの被害を免れているが、日々新種のアラガミが発生しているために構成物質は常に更新しなければならず、ゴッドイーターによる素材採取が極めて重要となる。
 ; 第8ハイブ
   極東支部を中心にアラガミ防壁で囲われた半径1500mの円形のハイブ。内部居住区(極東支部)に約1万人、外部居住区に約13万人が居住している。
 

オラクル細胞
    アラガミや神機を構成する未知の細胞。細胞そのものが一つの単細胞生物(作中ではカツオノエボシに喩えられている)であり、あらゆる物体を「捕喰」し、「捕喰」した物体の性質を取り込みながら増殖する能力を持つ。細胞一つ一つの生命活動が自己完結しており、通常兵器で攻撃しても殺す事ができない。殺害する方法は同じオラクル細胞を用いて細胞の結合を「喰い破る」、すなわち神機を使用する以外にない。フェンリルでは武器に内蔵して利用しているが、細胞自体は研究途中で安定性や安全性は立証されていない。
 なお、オラクル細胞及びアラガミには人間で言う「嗜好」が存在し、細胞それぞれに捕喰し辛い物質が存在するが、アラガミに共通する傾向として、自身と似た形質のものは捕喰しない(極度の空腹状態にある場合は例外)。また、捕喰対象が莫大なエネルギーを持っている場合(マグマなど)、オラクル細胞がそれに耐え切れず霧散してケロイド状の物質となるが、2071年現在のオラクル細胞はそういった高エネルギーへの耐性も持っており、マグマの上を平然と走り回るアラガミの姿が確認できる。
 ; 核(コア)
   複数のオラクル細胞の結合を司る指令細胞群。文字通りアラガミの「中核」となる細胞で、どのアラガミにも必ず一つは核が存在し、これを排除することによってそのアラガミを完全に「死なせる」ことが出来る。
  本来、核の摘出は神機を持ってしても決定打のない困難な作業であるが、強いダメージを受けて活動を停止したアラガミからであれば容易に摘出が可能であり、この際、核と同時にアラガミの生体素材を入手する事ができる。核は非常に貴重な実験材料であり、傷が付いていたとしても価値は高く、無傷であれば神機へと加工される。リッカによるとアラガミの種類に応じて大きさが違うらしく、ウロヴォロス等のコアは特に巨大。
  アラガミの身体は核が消滅することにより霧散するが、細胞が再集合し新たなアラガミを形成するため、事実上地球上からアラガミを完全に駆逐することは不可能であると言われている。
 ; アラガミ化
   人体に「偏食因子」をなんらかの形で過剰投与した結果体細胞が「オラクル細胞」に変異、または「偏食因子」を長期間投与されなかったか適合していない神機を用いる事で拒絶反応を起こしたゴッドイーターが神機のオラクル細胞に侵喰されてアラガミとなる現象のいずれかを指す。特にゴッドイーターがアラガミに変異した場合は、人為的に改造されたオラクル細胞が様々な特性を持って変質する為に通常のアラガミ以上の脅威となる。
   アラガミ化した神機使いの処理方法として最も効果が高いのは「アラガミ化した神機使いが使用していた神機を使って殺すこと」とされているが、その行為自体が他人の神機を使用した場合のアラガミ化という大きな矛盾を孕んでいる。
   現在のところ決定的な治療法は見つかっておらず、発見次第、直ちに処分するのが通例となっている他、万が一隊員がアラガミ化した場合その部隊の隊長には守秘義務が課せられる。
 

偏食因子
    オラクル細胞内に含まれる偏食を司る物質で、オラクル細胞の「嗜好」を決定づけている。基本的にオラクル細胞が「嫌う」ように偏食因子が使用されており、これが捕喰に対する耐性であるが、その逆であるオラクル細胞が「好む」偏食因子も存在する。ゴッドイーター達はこの偏食因子をハーネスから定期的に投与される事で、自らの神機に「捕喰」される事を防いでいる。安全性はそれなりに保障されているが、発見当初の投与実験で大惨事が起こっている。なお人体に投与可能な偏食因子は複数発見されているが現在実際に使用されているのは神機使い達がハーネスから定期的に投与されているP53(ハーネスの正式名称はこれに由来する)とソーマ及びラケルにのみ投与されたP73、ブラッドに投与されているP66の三種のみである。
 ; P53偏食因子
   第一、第二世代神機使いに投与されている偏食因子。低強度ではあるものの、安全性が比較的高く基本的に適合率の高さがゴッドイーターの能力に比例する。ただし、過剰に投与すればアラガミ化する危険性があるので投与される量と間隔は厳重に管理されているが、腕輪の故障等により暴走し使用者を侵食することもある。ペイラーによって発見された。
 ; P73偏食因子
   生体への偏食因子転写実験「マーナガルム計画」において、当時は胎児だったソーマに埋め込まれた偏食因子。非常に強靭な肉体を形成し、細胞の構造もオラクル細胞に近いものとなるため、腕輪が無くても自ら偏食因子が生成でき、驚異的な自己回復能力を得られる。それゆえに自身の体内にアラガミを飼育すると同等の状態に置かれるため、適合者は非常に苦悩することになっていた。
  ソーマの場合は神機がアラガミを捕喰している際に、体内のアラガミ自体も食欲を解放しようとし、ソーマは度々それを抑えようと必死だったといい、シオにそれを指摘された時はその苦悩を露わにした。
   またラケルはこの因子により植物状態から意識を回復したが性格が一変し、明るい一面を持つようになるが同時にサディズムを持つようになり、人間の貧弱さに絶望している節も見られるようになった。端的にいうと彼女の意識は、その時を持って「アラガミ」から捕喰本能を差し引いたような思考と化したと思われる。
  強力であるものの、かなり危険なものであり、計画自体は失敗に終わったため、現在P73偏食因子を持っている人間はソーマとラケルのみとなっている。
 ;P66偏食因子
  第三世代神機使いとして、つまり「血の力」を覚醒させる偏食因子。その性質から「偏食因子ブラッド」とも呼ばれている。ラケル・クラウディウスが開発し始め、適合に成功した初例がジュリウス・ヴィスコンティである。マグノリア・コンパスではこの偏食因子を孤児に投与し反応を調べるという実験が行われていた。P66偏食因子を投与されたゴッドイーターは「血の力」の覚醒を控え、過去の悲劇を乗り越えたり、絆が芽生えるなどの予備事象によって「血の力」が覚醒する。
 

エイジス計画
    極東支部が中心となって進められている計画。海上にドーム型のアラガミ防壁を張り巡らせた人工島を建設し、生き残った人類を移住させる予定である。
  しかし、その実態はシックザール支部長のアーク計画の隠れ蓑であり、エイジス島に侵入したサクヤらにそれが暴露された後にアーク計画を発表した。

; エイジス島
     エイジス計画で建設されている人工島。フェンリル極東支部から50キロ離れた太平洋上にある。「鎮魂の廃寺」や「愚者の空母」のフィールドにおいては遠景の中にエイジス島が確認できる。
  完成の暁にはこの荒廃した世界での安息地になると思われていたが、正体はシックザール支部長がアーク計画の目的である終末捕喰を起こすための「ノヴァ」を、誰にも露見せず培養するための場所であった。ノヴァの終末捕喰が発動しかけた時に伸びた触手によって崩壊し、終末捕喰が防がれた後は危険なアラガミが集まる場所と化してしまっている。『2』ではその性質を逆利用し、危険なアラガミを誘き寄せて倒すための場所にしている。エンディング後に上記のフィールドから見えるエイジス島の景色が変わる(崩壊した姿になっている)。
 

ノヴァの終末捕喰
    地球そのものがアラガミに「捕喰」されて滅亡するとされる終末思想。アラガミ同士が互いを「捕喰」し続けた末に現れる最大のアラガミ「ノヴァ」が引き起こすと言われている。単なる都市伝説の一種ともされているが、信じている者も少なくない。この思想に感化されたカルト教団が大量集団自殺事件を起こした事から有名になった。
  『無印』『バースト』では全容はわからずじまいだったが、『2』ではペイラー・榊により「地球が何らかの外的要因(外宇宙の生物の侵攻、地球に生息する生物による資源の食い潰し等)で危機的状況に陥った時の再生プログラムではないか」と推測された。

;シックザール支部長の終末捕喰
    極東支部支部長ヨハネス氏によって引き起こされた終末捕喰。作中では初めての終末捕喰にあたるが、これまでに終末捕喰が行われ、世界が再生している可能性があるため、最初の終末捕喰ではなく、いわば「人類最初の終末捕喰」である。
  特異点、いわば終末捕喰の引き金であるシオの存在を確認したヨハネスとサカキ博士だったが、ロマン派で人類の明日を夢見てきたサカキ博士はヨハネスの出張をチャンスにいち早くシオを保護する。同時にシオは人に近いアラガミだったため、人間とアラガミの共存を夢見てシオを育成するが叶わず、シオは特異点としてノヴァに呼び寄せられサカキの元を去ってしまう。しかしシオはノヴァの精神内に残存しており、ノヴァを月に送り出す。ヨハネスのアーク計画の要であるこの終末捕喰は失敗とされた。
  今もシオが月にいるかどうかは不明だが、それを匂わせる描写が数多くあり、ソーマらもそれを願っている。

;ラケル博士の終末捕喰
    人類第二の終末捕喰。発案者はラケル=クラウディウス。特異点はジュリウス・ヴィスコンティ。
  アーク計画とは違い、こちらは完全に人類を抹消する計画であり、人間の存亡を微塵にも考えていなかった。ラケル博士は幼少の頃にP73偏食因子を投与され、アラガミとして精神を支配されつつあったので、それがラケルの中のアラガミによるものなのか・ラケルの本意だったのかは不明。
  どの種の偏食因子をも受け付ける奇跡の子・ジュリウスを発見し、ジュリウスを特異点として作り出す。特異点となるまでラケルに騙されていたジュリウスだったが世界の終末は彼の本意ではなく、ラケルが自分を道具として扱っていたことに絶望し、多数の断末魔(感応現象によるヴィジュアル?)を垣間見、自分が特異点になることを本能的に理解し特異点となったことによる一種の意志放棄によるものである。
  特異点として完成した時には既にジュリウスの意識はなかったが、世界を拓く者として倒された際に、感応波の意識の中でジュリウスは仲間と対話することに成功し、再び希望を取り戻した。特異点である彼は、サカキ博士が対抗的に起こした終末捕喰とラケルの終末捕喰を相殺し、バランサーとして二つの中立に立ち、終末捕喰を食い止めることで終焉した。

神機兵 (DEMAS / Deus ex Machina Artificial Soldier)
    アラガミに対抗するために神機技術の粋を使ったパワードスーツ。適性さえあれば民間人でも搭乗可能と言う凡庸性と神機使い以上の攻撃力を有する。有人型と無人型で運用する事もできる。使用する武器は可変式であり、ブレードの形状で長刀型と大剣型に分類できる。
  有人型を推奨するレア・クラウディウス博士は有人型神機兵の開発に成功し多大な成果を収めたが、搭乗者に負荷が強い事や無人型を推す科学者の波によって撤退。

マグノリア=コンパス
    ラケル博士によって設立された児童養護施設。児童達には各々の特性や長所に合わせたエリート教育が施されるため、施設の出身者は例外なく独り立ち出来る人材になっているとされている。しかし、その教育には過酷なものも少なくないとされている。主人公とギルバートを除くブラッド隊員は、この施設の出身者である。
  その実態は未認可の偏食因子を児童に投与する実験場で、ほとんどの児童は投与された偏食因子による急激な体組織の変化に耐えきれずショック死、あるいはアラガミ化したため人知れず処理されていった。ラケルがこの実験に用いた児童の数はのべ数千人から数万人とされ、この非道を知った父・ジェフサはフェンリルの査問会に報告しようとしたが、直後にラケルの操る零號神機兵により殺害される。結果、この施設に関する事実が明るみに出ることは長らくなかった。これらの実験で得られた知見に基づいて選抜されたのがジュリウスら「ブラッド」メンバーである。

心理テスト|霊感|金融
前世占い|フレッツ光|保育士
[4]前ページ
(7.4.『レイジバースト』からの新アラガミ)
[6]次ページ
(9.テーマソング)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/06/28 06:17
姓名判断|ふたご座|運命の人
セルライト|前世|浮気
この記事を共有する
「ゴッドイーター」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2016/06/30 更新
 1位田代さやか
 2位高知東生
 3位重信房子
 4位藤島康介
 5位高島礼子
もっと見る>>
いま読まれている記事
紅蘭|One Up!!!/苺牛乳|安達忍|徳永英明|ゴッドイーター
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant