竜巻
さそり座|運命の人|六星占術
てんびん座|相性占い|資格
▼人気記事ランキング
1.竜巻の定義と種類
1.1.類似の現象
竜巻と類似の現象も数多く存在する。学術的にはこれらは竜巻とはまったく異なるものであるが、一般的にはその形状などから「竜巻」と呼ばれることも多い。

塵旋風(dust devil)
    学校の運動場や荒地などに発生するつむじ風(辻風)が、まれにテントや椅子を巻き上げるほど大規模なものに発達することがある。これは塵旋風と言って竜巻とは別物であるが、竜巻と誤認されることが多い(両者の定義と違いは塵旋風#定義を参照のこと)。塵旋風は地表熱に熱せられ渦が強化される現象だが、竜巻は小規模であっても積乱雲から発生する。

冬季水上竜巻(winter waterspout)
    冬季に、暖かい水面と非常に冷たい空気が接し、発生する現象。冬季の日本海などで気団変質に伴って発生することが多い。竜巻とは形状や構造が似ているが、母雲が無くても発生し、メカニズムは異なる。蒸気旋風(steam devil)の一種。

ガストネード(gustnado)
    突風性の旋風ダウンバーストに上昇気流が付加されたもの。発達した積乱雲があり大気の状態が不安定という、竜巻と同様の条件下で発生するが、メカニズムも形状も塵旋風に近い。

火災旋風
    火災による熱や強風などにより発生する旋風で、関東大震災の時には大きな被害をもたらした。

漏斗雲
    竜巻に付随する漏斗雲もあるが、竜巻とは関係のない漏斗雲もある。寒気の渦巻きによるものなどがあり、形状もメカニズムも竜巻と類似している。

積乱雲を伴った荒天の際に発生する局地的突風として、竜巻のほかに、ダウンバースト(マイクロバースト)がある。両者は類似点が多いが、大きな違いとして、竜巻は被害範囲が移動経路と一致して不規則な曲線状に伸び、風向は不規則ながら竜巻の中心を向いているのに対し、ダウンバーストは面状に広がり、風向もある点を中心に放射状に外向きに分布することが挙げられる。また、ダウンバーストでも異様な形の雲が観測されるが、漏斗の形であることはまずない。こういったことから、局地的な突風が発生した際に、竜巻とダウンバーストのどちらであるかを判断する。
無料ゲーム|愛内里菜|セルライト
恋愛占い|無料占い|無料相性占い
四柱推命|エステ|モテ期
[4]前ページ
(1.竜巻の定義と種類)
[6]次ページ
(2.発生のメカニズム)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/11/05 06:36
がん保険|結婚|しし座
性格診断|おひつじ座|運命の赤い糸
この記事を共有する
「竜巻」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/23 更新
 1位天までとどけ
 2位能見達也
 3位橋爪功#家族・親族
 4位佳子内親王
 5位黒田慶樹
もっと見る>>
いま読まれている記事
西田麻衣|徳川 (お好み焼きチェーン)|テリーマン|波状攻撃|竜巻
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant