竜巻
恋愛占い|がん保険|おうし座
ふたご座|六星占術|資格
▼人気記事ランキング
1.竜巻の定義と種類
竜巻とは、発達した積乱雲で上昇気流を伴う高速の渦巻きが発生し、それが地上付近にまで伸びたものだとされる。気象庁の定義は「激しい空気の渦巻で、大きな積乱雲の底から漏斗状に雲が垂れ下がり、陸上では巻き上がる砂塵、海上では水柱を伴う(注1)」。
なお、研究機関によっては、気流の渦巻きが地面に接していないものは竜巻に含めない場合がある。「地面に接したもの」というのは、目に見える漏斗雲が地面に接したものという意味ではなく、目に見えなくても気流の渦巻きが地面に達したものを意味する。そのため、この定義において、竜巻でないのは「空中竜巻」のみであり、「陸上竜巻」などは竜巻に含まれる。ただし、一般的には、地上に達しないものも含めることが多い。
多くの地域では、竜巻を「竜巻」という表現でひとくくりにすることが多いが、特にアメリカを中心にして、学術的に竜巻はいくつかの種類に分類されている。

多重渦竜巻(multiple vortex tornado)
    複数の渦がまとまって活動する竜巻群。やや大きな竜巻(親渦)の周囲を小さな竜巻が回転することがある。

衛星竜巻(satellite tornado)
    大規模な竜巻の周囲にできる竜巻。多重渦竜巻とは異なり、構造的には独立した竜巻であるが、勢力は弱いことが多い。

水上竜巻(waterspout)、海上竜巻、シースパウト(seaspout)
    海上で発生する竜巻。「竜巻」だけではなく、海上の「チューブ状砂塵竜巻」や「塵旋風」もランドスパウトに含められることがある。

陸上竜巻、ランドスパウト(landspout)
    水上竜巻と対比して、陸上で発生する竜巻とされることが多い。アメリカ国立気象局(NWS)ではチューブ状砂塵竜巻(dust-tube tornado)としており、地上付近では漏斗雲が見えない代わりにチューブ上の砂塵が渦を巻いている竜巻の事を指す。地上に達しない竜巻によりできることもある。

空中竜巻(funnel aloft)
    渦巻きの下端が空中に存在し、地上や水上に達していない竜巻。「竜巻」に含めない場合もあるが、構造やメカニズムは竜巻と同じである。

1.
 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kaze.html#E36 気象庁、予報用語

内職|現金|ワンピース
浮気|手相|賃貸
スピリチュアル|しし座|愛内里菜
[6]次ページ
(1.1.類似の現象)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/11/05 06:36
血液型占い|脱毛|フレッツ光
無料占い|モテ期|霊視
この記事を共有する
「竜巻」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/23 更新
 1位天までとどけ
 2位能見達也
 3位橋爪功#家族・親族
 4位佳子内親王
 5位黒田慶樹
もっと見る>>
いま読まれている記事
広田尚敬|超時空要塞マクロス|BIOHAZARD GAIDEN|プリキュアシリーズ|竜巻
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant