サービス終了のお知らせ
180度経線
▼人気記事ランキング
概要
経度180度線(けいど180どせん)は、グリニッジ天文台を通る本初子午線からあるいは西へ180角度を成す経線である。東経および西経の双方に対して共通の経線である。本初子午線とともに大円を形成し、この大円により地球表面は東半球西半球に分けられる。通過地点の大部分が太平洋の公海上にあるため、国際日付変更線を決定する基準になっている。180度線が通過する陸地はロシアフィジーおよび南極大陸のみである。
180度経線は北極点から南極点に向かって以下の地点を通過する。
(特にこれといって接近しているわけではないが)180度線は以下の島々の中間も通過する。
キリバスギルバート諸島フェニックス諸島
ニュージーランド北島ケルマディック諸島
同じくニュージーランドバウンティ諸島チャタム諸島
熱帯低気圧
一定の強さを持つ熱帯低気圧のうち、太平洋上では180度経線より西側(東半球)にある場合台風、東側(西半球)にある場合ハリケーンと呼ばれる[1]。勢力の変化が特にない場合でも、この経線を超えて西側に来た場合は台風となり(越境台風)、逆に東側へ出て行った場合には台風でなくなる。
脚注
台風について 気象庁、平成27年7月25日閲覧。
関連項目
東経179度線
西経179度線
国際日付変更線
UTC+12
UTC-12

1. 台風について 気象庁、平成27年7月25日閲覧。

出典:Wikipedia
2016/10/06 10:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant