本場所
転職|ほくろ除去|前世占い
にきび跡|手相|さそり座
▼人気記事ランキング
6.場所ごとの逸話など
6.2.春場所

呼称については初場所も参照。ほかの地方場所と同じく「大阪場所」の名称を使用することもある。
1973年に中学生力士が禁止されて以降、中学卒業見込みの入門者が多い関係で6場所の中で最も初土俵を踏む新弟子が多く、「就職場所」の異名がある。平成以降では1992年の151人が最多、2000年代に入ってからは100人を超えない年が続いている。
「荒れる春場所」と呼ばれ(注1)、番付上位が負けるいわゆる波乱の結果が多いとされる。
もともと大阪には大坂相撲の歴史があって相撲人気の根強い土地であり、毎年大いに盛り上がる場所である。
3代目朝潮がこの場所で強く1956年から3連覇するなど通算5回の優勝のうち4回を大阪で達成、「大阪太郎」と呼ばれた。他に北勝海が通算8回優勝のうち4回が大阪での優勝。
初の女性大阪府知事となった太田房江が在任中に幾度となく「大阪府知事賞の贈呈を自らの手で贈りたい」と土俵上は女人禁制と決めている協会と悶着を起こし、ファンや国民の間で議論を呼んだ。
2011年の開催は、力士の八百長メール問題の外部委員会調査に時間がかかることと、世論動向から不祥事による初の開催中止となった。
名勝負
 
1960年千秋楽 横綱栃錦 - 横綱若乃花  史上初めて、全勝力士同士が千秋楽結びの一番で優勝を争う形になった。栃錦が無理にまわしをきりにいったところを若乃花が一気に寄り、自身初の全勝優勝。栃若最後の一番にもなった。

1.「荒れる大阪場所」のルーツ
 http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_joho_kyoku/yomu/001/058.html 大相撲コラム集(大相撲あんなこと・こんなこと) - goo 大相撲

エステ|しし座|相性占い
姓名判断|ワンピース|性格診断
おうし座|霊感|愛内里菜
[4]前ページ
(6.1.初場所)
[6]次ページ
(6.3.夏場所)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/05/07 05:55
無料ゲーム|無料相性占い|フレッツ光
金融|婚活|てんびん座
この記事を共有する
「本場所」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/25 更新
 1位橋爪功#家族・親族
 2位ゴルゴ13 (架空の人物)
 3位天までとどけ
 4位能見達也
 5位5月24日
もっと見る>>
いま読まれている記事
大村由己|有松・鳴海絞会館|グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説|ネット (パチスロメーカー)|本場所
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant