周南市
懸賞|ふたご座|スピリチュアル
霊視|がん保険|てんびん座
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.3.周南合併
周南地区の市町合併は周南合併と呼ばれ、 2003年(平成15年)4月の周南市の誕生は、いわゆる「平成の大合併」の、山口県内における初の事例となった。1980年代後半ごろから周南地域における市町の合併機運が高まり、4市4町(徳山市、下松市、光市、新南陽市、熊毛町、田布施町大和町、鹿野町)を中心とした合併が模索されてきた(注1)

1991年(平成2年)5月 - 徳山市、下松市、光市による周南都市合併調査研究会が発足。
1992年(平成3年) - 周南都市合併調査研究会に新南陽市、大和町、田布施町、鹿野町、熊毛町が参加。
1999年(平成11年)
 1月 - 徳山市、下松市、新南陽市による3市合併協議会が設立。
 7月 - 合併協議会に熊毛町、鹿野町が加入。3市2町合併協議会となる。
2001年(平成13年)
 11月 - 3市2町合併協議会において、新市名が「周南市」に決定。
 12月 - 3市2町合併協議会において、合併の期日が 2003年(平成15年)4月21日に決定。
  期日の決定を巡り対立した井川成正下松市長が抗議のため途中退席。
2002年(平成14年)
 1月 - 下松市が3市2町合併協議会を欠席、事実上の離脱。
 5月 - 3市2町合併協議会が休止。
 6月 - 徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町による2市2町合併協議会が設立。
2003年(平成15年)4月 - 周南市の発足に伴い、2市2町合併協議会、3市2町合併協議会が解散。
2市2町合併協議会の設立の際、2市2町の合併は「先行合併」と位置付けられたが、2003年の合併以後、周南市、下松市、光市において合併を求める機運は薄くなっており、更なる合併に向けた目立った動きはみられない。
旧熊毛町においては、市外局番や、消防・警察の所轄が市内の他の地区と異なるほか、市役所本庁(旧徳山市中心部)へ最短で移動する場合に下松市を経由する必要がある状況となっている。

1.平成22年度周南市の概要(周南市議会)
 http://www.city.shunan.lg.jp/mpsdata/web/4122/22shunancitynogaiyo.pdf

ほくろ除去|愛内里菜|賃貸
看護助手|相性占い|前世占い
霊感|血液型占い|金融
[4]前ページ
(2.2.年表)
[6]次ページ
(2.4.市域の変遷)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/04/29 05:58
セルライト|内職|運命の赤い糸
無料占い|にきび跡|さそり座
この記事を共有する
「周南市」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/04/30 更新
 1位桑島法子
 2位川上とも子
 3位桂三木助 (4代目)
 4位神田沙也加
 5位関越自動車道高速バス居眠り運転事故
もっと見る>>
いま読まれている記事
進撃の巨人|浦和駅|柳楽優弥|大江麻理子|周南市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant