10月8日
▼人気記事ランキング
1.できごと
451年 - カルケドン公会議が始まる。
1203年建仁3年9月2日) - 源頼家外戚として権力を誇った比企能員が滅ぼされる。(比企能員の変
1455年康正元年8月27日) - 日野富子足利義政正室になる。
1716年享保元年8月23日) - 江戸幕府の役職として御庭番が新設。
1813年嘉慶18年9月15日) - 林清率いる天理教徒北京紫禁城を攻撃。
1856年咸豊6年9月10日) - アロー戦争のきっかけとなる「アロー号事件」が起きる。
1862年 - 南北戦争: ペリービルの戦いが行われる。
1862年 - オットー・フォン・ビスマルクプロイセン王国首相となる。
1866年慶応2年8月30日) - 廷臣二十二卿列参事件が起こる。
1868年(慶応4年8月23日) - 会津戦争: 母成峠の戦いに勝利した官軍が若松城下に到達。白虎隊二番士中隊員20人が飯盛山で自刃。
1871年 - シカゴ大火。シカゴ中心部を焼失し、死者250人を出す惨事となる。
1879年 - 太平洋戦争 (1879年-1884年): アンガモスの海戦が行われる。
1895年 - 乙未事変により閔妃が暗殺される。
1912年 - 第一次バルカン戦争が勃発。
1923年 - ベルリン・テンペルホーフ国際空港が開港。
1931年 - 満州事変: 関東軍錦州を爆撃。
1932年 - インド空軍が発足。
1937年 - 寿屋(サントリー)が「サントリーウイスキー12年」(サントリー角瓶)を発売。
1945年 - インドネシア人民治安軍結成。
1946年 - 文部省が教育勅語の奉読廃止を通告。
1950年 - 朝鮮戦争: 国連軍38度線を突破。
1954年 - 内郷丸遭難事件相模湖で定員の4倍以上の客を乗せた遊覧船・内郷丸が沈没。22人死亡。
1956年 - ニューヨーク・ヤンキースの投手ドン・ラーセンワールドシリーズ初の完全試合を達成。
1958年 - 日本政府が、警察官の権限を大幅に強化する警察官職務執行法改正案を国会に提出。
1959年 - 1959年イギリス総選挙の投票が行われる。
1962年 - アルジェリア国際連合に加盟。
1967年 - 佐藤栄作首相の東南アジア歴訪に反対する新左翼各派羽田空港機動隊と衝突、1名の死者を出す。(第一次羽田事件
1967年 - チェ・ゲバラボリビアで政府軍に捕まる。翌日処刑。
1970年 - アレクサンドル・ソルジェニーツィンノーベル文学賞受賞が発表される。
1974年 - 佐藤栄作元首相にノーベル平和賞が贈られることが決定する。
1982年 - ポーランド国会が労働組合法を改正。連帯が非合法組織とされる。
1985年 - ワイドショー『アフタヌーンショー』で放送された暴行事件に関わったとして逮捕された少年3人が、やらせであったことを告白。(やらせリンチ事件
1986年 - 大相撲横綱力士・千代の富士関が渡仏、フランスパリヴェルサイユ宮殿にて当時の同国首脳陣に四股を披露。
1990年 - 国勢調査員殺害事件が発覚。
1994年 - 日本プロ野球史上初の最終戦同率首位優勝決定戦中日巨人10.8決戦)が行われる。
1995年 - オウム真理教教団幹部の上祐史浩が逮捕される。
1997年 - 金正日朝鮮労働党総書記に就任。
1998年 - アメリカ議会でデジタルミレニアム著作権法が成立。
1998年 - オスロ空港が開港。
1998年 - プロ野球・横浜ベイスターズが38年ぶりにセ・リーグ優勝。
1999年 - 検察が甲山事件の第二次上訴を断念。事件発生から25年目で無罪が確定。
2000年 - リトアニア議会選挙が実施。社会民主連立政党が勝利をおさめる。
2001年 - リナーテ空港事故が起こる。
2002年 - 東京大学名誉教授小柴昌俊ノーベル物理学賞が贈られることが決定する。
2005年 - パキスタン地震。パキスタン北部を中心にM7.6。
2008年 - 下村脩ノーベル化学賞を受賞[1]
2009年 - 「Winny」開発者金子勇に対する著作権侵害行為への幇助に関しての裁判で、大阪高等裁判所が逆転無罪判決を下す[2]
2010年 - 中国の民主活動家劉暁波ノーベル平和賞を受賞[3]
2012年 - 山中伸弥ノーベル生理学・医学賞受賞決定[4]
2016年 - 旧アルバニア王室レカ王太子と女優のエリア・ザハリアの結婚式が首都ティラナで行われた[5]
2018年 - 名古屋ボストン美術館が閉館[6]
[6]次ページ
(2.誕生日)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/08 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/19 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位令和元年台風第19号
 4位10月18日
 5位ブルガリア難民射殺事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant