1月16日
▼人気記事ランキング
1.できごと
紀元前27年 - オクタウィアヌスが元老院からアウグストゥスの尊号を受け、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスとなる。
1395年応永元年12月17日)- 足利義持将軍宣下、父の足利義満太政大臣となる。
1486年文明17年12月11日)- 南山城国国人、農民が宇治平等院に集結し、自治のための掟法を定め、畠山氏の撤退を要求。(山城国一揆
1547年 - イヴァン4世モスクワ生神女就寝大聖堂ロシアで初めてツァーリとして戴冠式を行う。(ロシア・ツァーリ国
1556年 - フェリペ2世がスペイン王に即位。
1581年 - イングランド議会がローマ・カトリックを非合法化。
1605年 - ミゲル・デ・セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』前巻がマドリードで刊行。
1610年慶長14年12月22日)- 徳川家康の十一男松平鶴千代丸(後の徳川頼房)が常陸国水戸藩25万石に転封。
1707年 - スコットランド議会で合同法が可決成立。これによりグレートブリテン王国が成立。
1777年 - ニューコネチカット共和国(後のバーモント共和国、現アメリカ合衆国バーモント州)がイギリスからの独立を宣言。
1780年 - アメリカ独立戦争: サン・ビセンテ岬の月光の海戦
1876年 - 横浜に日本初のアイススケート場(氷すべり場)がオープン。
1889年 - 水戸鉄道・小山駅 - 水戸駅間(現在の水戸線全線と常磐線の一部)が開業。
1906年 - 第一次モロッコ事件解決のためのアルヘシラス会議が始まる。
1911年 - 国鉄が車両称号規定を定める。
1912年 - 白瀬矗率いる日本の南極探険隊が南極大陸に到着。
1919年 - の製造や販売などを禁じた禁酒法アメリカ議会を通過。翌1920年に施行。1933年に廃止。
1920年 - パリで国際連盟の第1回理事会を開催。
1920年 - アメリカ合衆国上院がアメリカ合衆国の国際連盟への加盟を否決。
1938年 - 日本の近衛文麿首相が「国民政府を対手とせず」の声明を出し、日中戦争和平交渉の打ち切りを宣言。(第一次近衛声明
1940年 - 米内光政が日本の第37代内閣総理大臣に就任し、米内内閣が成立。
1945年 - 第二次世界大戦: アドルフ・ヒトラー総統地下壕に移る。
1947年 - ヴァンサン・オリオールフランス第四共和政の初代大統領に就任。
1947年 - 新皇室典範公布。
1960年 - 安保闘争: 新安保調印全権団がアメリカへ出発。羽田空港全学連と警官隊が衝突。
1962年 - 建設省が全国の主要国道ガードレール設置を決定。
1968年 - 佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争: 博多駅構内で原子力空母エンタープライズ寄港阻止の全学連学生と警官隊が衝突(博多駅事件)。後に、福岡地裁がこの事件を撮影したテレビフィルムの提出を各テレビ局に命じ、報道の自由をめぐって裁判となる(博多駅テレビフィルム提出命令事件)。
1969年 - ソ連宇宙船ソユーズ4号5号が初の有人宇宙船同士のドッキングに成功。
1969年 - チェコスロバキアの大学生ヤン・パラフプラハのヴァーツラフ広場でワルシャワ条約機構軍の侵攻によるプラハの春圧殺に抗議して焼身自殺を図る。パラフは3日後に死去。
1969年 - アメリカ合衆国初の実用高速列車メトロライナー」が営業運転を開始する。
1979年 - イラン革命: イラン皇帝(シャーモハンマド・レザー・パフラヴィーがエジプトに亡命
1986年 - Internet Engineering Task Force(IETF)設立。
1987年 - 学生デモなどの政治的責任をとって胡耀邦中国共産党中央委員会総書記を辞任。
1994年 - Jリーグチャンピオンシップヴェルディ川崎が勝利し、Jリーグ初代年間チャンピオンとなる。
2003年 - STS-107によりスペースシャトルコロンビアを打上げ。2月1日の帰還時に空中分解事故
2006年 - ライブドア・ショック: 東京地検特捜部が証券取引法違反容疑で六本木ヒルズ森タワーライブドア本社などを強制捜査
2006年 - エレン・ジョンソン・サーリーフリベリアの大統領に就任。
2009年 - ハイパーインフレーション中のジンバブエで100兆ジンバブエ・ドル紙幣を発行。
2013年 - アルジェリアイナメナスで人質事件が発生(アルジェリア人質事件)。
2014年 - オウム真理教平田信被告が初公判[1]。オウム真理教事件の裁判が再開される。
2019年 - 稀勢の里が引退を表明[2]
[6]次ページ
(2.1.人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/21 09:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/26 更新
 1位日本
 2位飯田祐基
 3位文京区幼女殺人事件
 4位肥後亨
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant