007は二度死ぬ
▼人気記事ランキング
2.映画
2.1.概要
アルバート・ブロッコリハリー・サルツマンの共同製作、ルイス・ギルバートの監督で、1967年に製作された。脚本はイギリス人作家のロアルド・ダール[8]

ストーリーが原作と懸け離れているのは本作に限った話ではないが、本作においては007が冒頭で(偽装ではあるが)死んでおり、「007は二度死ぬ」(You Only Live Twice - 人生は二度しかない)のタイトルが、文字通りの意味となっている。

本作は、オープニングのイギリス植民地香港のシーンと、米ソの軍関係者が非難の応酬をするレーダー基地のシーン(イギリス国内で撮影)を除き、舞台はすべて日本国内である[9]。そのため当時としては大がかりなロケ撮影が日本各地の観光名所で行われた。フレミングの原作のあらすじを完全無視した初の作品ということもあり、コネリー主演のボンド映画では初めて低評価となるが大ヒットを記録、当時日本でも高まっていたボンド人気はさらに高まった。

1964年東京オリンピック開催直後の高度経済成長期東京を中心にロケが行われたため、地下鉄丸ノ内線ホテルニューオータニ旧蔵前国技館東京タワー銀座4丁目交差点、駒沢通りなど、当時の東京の風景を随所で窺うことができる。

また、特殊部隊の訓練場を姫路城に設定しているほか、鹿児島県坊津の漁村や霧島山新燃岳などでもロケを行い、付近一帯ではボンドのオートジャイロ「リトル・ネリー」とスペクターのヘリコプター部隊の空中戦シーンの一部を空中撮影するなど大規模なロケを行った[10]

丹波哲郎が日本の情報機関[11]のボスとしてほぼ全編にわたって登場するほか、初の日本人ボンドガールとして若林映子浜美枝が登場し、日本人に化けたボンドが日本の公安エージェントと偽装結婚したり、第50代横綱佐田の山が本人役で登場したり[12]、丹波演じる日本の公安のトップの移動手段が丸ノ内線の専用車両だったり[13]、さらに公安所属の特殊部隊が忍者[14]だったりと、現実性は極めて希薄である。

また、それまで顔が映ることのなかったスペクターの首領・ブロフェルドが、本作で初めてその姿を現す。

本作は歴代の007作品の中でも関係者の事故が多い作品である。映画の撮影中の1966年3月5日英国海外航空ボーイング707型機が富士山山麓に墜落、乗員乗客124人全員が死亡したが、その中にはイギリスに帰国するスタッフが含まれていた(詳細は英国海外航空機空中分解事故を参照)。同機には監督のルイス・ギルバート、製作のハリー・サルツマンとアルバート・ブロッコリ、撮影のフレディ・ヤング、プロダクション デザインのケン・アダムも搭乗する予定だった上に、当該機の機長と前夜夕食を共にしていたが、出発の2時間前になってそれまで都合がつかなかった忍法指南による忍者術の記録映画の披露が急遽行われることになり、この5名はフライトをキャンセルしている。数時間後、同機遭難の知らせをうけた一行は青ざめ、「これが二度目の命だ」と胸を撫で下ろしたという。

また「リトル・ネリー」とヘリコプター部隊の空中戦の撮影シーンでは、イギリス人カメラマンのジョニー・ジョーダンが片足を切断する大事故に遭うなど、本作は航空事故との因縁が深い作品となった。

[4]前ページ
(1.2.出版)
[6]次ページ
(2.2.興行成績)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/17 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/19 更新
 1位日本
 2位MALICE MIZER
 3位丸山穂高
 4位北方町猟銃殺人逃走事件
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant