007は二度死ぬ
▼人気記事ランキング
1.小説
イアン・フレミングの小説『007』シリーズ長編第11作(単行本としては12冊め)。1964年ジョナサン・ケープより出版された。原題はフレミングが来日した際に「松尾芭蕉俳句にならって[2]」詠んでみたという英文俳句[3]「人は二度しか生きることがない、この世に生を受けた時、そして死に臨む時」[4]に由来する。また英語の慣用句「You Only Live Once(人生は一度っきり)」のもじりである。作中ではタイガー田中に勧められてボンドがこの句を読み、「字余りだがよくできている。今の君の心境かね?」と評されて「たぶんね」と不愛想に応えている。日本でも同年に『007号は二度死ぬ』のタイトルで早川書房から井上一夫訳によりハヤカワ・ポケット・ミステリで発売された。イアン・フレミングの生前に出版されたものとしては、最後の作品である(フレミングは次作であり遺作となった小説「黄金の銃をもつ男」の校正中に心臓麻痺で死亡した)。

[6]次ページ
(1.1.あらすじ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/24 23:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant