サービス終了のお知らせ
.NET Framework
▼人気記事ランキング
2.設計目標と重要な特徴
.NET Frameworkは次のような目標に基づいて設計されている。

.NETアプリケーションや.NETクラスライブラリではないプログラムとの相互運用を可能にするためのアクセス方法を提供する。例えばCOMコンポーネントへのアクセスはSystem.Runtime.InteropServicesSystem.EnterpriseServicesなどの名前空間によって提供され、それ以外の機能はP/Invokeによって提供される。
共通の実行環境
.NET Frameworkにおいてはあらゆる言語で記述されたプログラム共通中間言語と呼ばれる中間言語コンパイルされる。マイクロソフトの実装では、この中間言語はJITコンパイラによって実行時にネイティブコードにコンパイルされる。これらの概念は共通言語基盤の仕様に含まれており、マイクロソフトによる共通中間言語の実装を共通言語ランタイムと呼ぶ。
言語への非依存性
.NET Frameworkは共通型システムと呼ばれる概念を導入した。共通型システムの仕様には共通言語ランタイムでサポートされるデータ型について定義されている。このため、複数の言語を用いた開発が可能になる。
基本クラスライブラリ (BCL)
基本クラスライブラリは全ての.NET Frameworkで利用可能なクラスライブラリである。BCLはファイル入出力、グラフィックス、データベース、XML文書処理など、多くの共通機能をカプセル化したクラス群を提供する。
配置
ソフトウェアをコンピュータにインストールする際、既にインストールされているソフトウェアとの相互干渉やセキュリティといった問題に注意しなければならない。.NET Frameworkはこういった要求に応えるための機能やツールを提供する。
セキュリティ
.NET Frameworkではサンドボックスの概念を用いることなく、様々な権限レベルでコードを実行することができる。
[4]前ページ
(1.3.メタデータ)
[6]次ページ
(3.用語)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/26 21:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant