絆〜走れ奇跡の子馬〜
▼人気記事ランキング
4.テレビドラマ
4.1.あらすじ(テレビドラマ)
福島県南相馬市で小さなサラブレツド生産牧場を経営する松下雅之は、地元の伝統ある祭りの「相馬野馬追」に背を向けて、競走馬を作る夢を追い続けていた。父と同じく競走馬を育てたいという夢を抱いていた長男の拓馬は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に牧場が襲われて亡くなる。松下家に残されたのは、拓馬の命と引き換えに震災の日に母馬が産んだ子馬のリヤン(正式名はリヤンドノール、フランス語で「北の絆」を意味する)だった。雅之と長女の将子(しょうこ)は、元騎手の夏雄の協力を受けながら子馬を育て始めるが、佳世子は息子の拓馬を失った悲しみから立ち直れずにいた。雅之と将子は、震災から1年たって成長したリヤンを競走馬にしたいと思い、育成牧場を探しに北海道に行くが、何度も断られた末に雅之の知り合いである育成牧場主の加山を頼ったが、他の馬主さんに福島の馬は被爆しているとの疑念を持たれるので経営上難しいと断られる。それでも諦めない雅之は、津波で荒れ果てた自分の牧場を辛抱強く整地を行って再生させ、リヤンを競走馬として育てあげる。2歳となったリヤンは福島競馬場での初戦に臨む。[15][17][18]

[4]前ページ
(4.テレビドラマ)
[6]次ページ
(4.2.キャスト)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/04 11:02
ソ人気記事ランキング
2019/09/22 更新
 1位日本
 2位逆鉾昭廣
 3位9月21日
 4位清須会議 (小説)
 5位プレーオフ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant