翔ぶが如く
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
翔ぶが如く』(とぶがごとく)は、司馬遼太郎の長編歴史小説で、1972年(昭和47年)1月から1976年(昭和51年)9月にかけ『毎日新聞』朝刊で連載、文藝春秋で刊行された。
題名の由来は、作家宮城谷昌光(晩年の司馬と交流があった)によれば、詩経小雅・鴻雁の什にある「斯干」という漢詩の「鳥のこれ革(と)ぶが如く、キジのこれ飛ぶが如く」から取ったものであるという。「斯干」は兄弟が仲良く新しい宮室を建てるという詩であり、「明治という国家」を創り上げた西郷隆盛大久保利通を兄弟のようだと捉えているのだという[1]。上記の引用の通り、本来「翔ぶ」と書いて「とぶ」という読み方はせず、字義または飛翔の語句から「翔」の字を当て字として使用したとされる。
目次
1.概要
2.主な登場人物
3.刊行書誌
4.脚注
出典:Wikipedia
2018/11/18 21:31
ソ人気記事ランキング
2019/01/16 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位市原悦子
 4位1月15日
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant