▼人気記事ランキング
2.大きさによる分類
2.3.火山学における分類
火山学において、火山礫は直径2〜64mm火山砕屑物のことである[5]
火山岩塊: volcanic block) - 粒径64mm以上で、溶岩のように連続していないもの。
火山礫(: lapilli) - 粒径2〜64mm。
火山灰: volcanic ash) - 粒径2mm以下。
[4]前ページ
(2.2.地盤工学における分類)
[6]次ページ
(3.地球外での生成)

5. Fisher, R. (1961). “Proposed classification of volcaniclastic sediments and rocks”. Geol. Soc Amer. Bull. 72: 1409-1414. 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/12/19 18:30
ソ人気記事ランキング
2018/09/21 更新
 1位山本徳郁
 2位9月20日
 3位AV女優一覧 あ行
 4位正木裕美
 5位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant