瑕疵ある意思表示
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
瑕疵ある意思表示(かしあるいしひょうじ)とは、民法上の法律用語で、詐欺強迫[1]によってなされた意思表示のこと。表示に対応した効果意思は存在する[2]が、その表示過程に瑕疵がある意思表示、とも説明される。
こうした意思表示のもと結ばれた契約は、取り消しうる(遡及的に無効になる)場合が多い。ただし動機の錯誤は、厳密な理論上では瑕疵ある意思表示の一類型であるが、広い意味で内心と表示が食い違うということで錯誤(民法95条)の一類型として処理されるので、その効果は無効(ただし取消的無効)である。現在の日本の民法の解釈学の主流が、意思の欠缺と瑕疵ある意思表示とを厳密に峻別し異なる取り扱いを定めた当時の立法者の意思とは乖離していることの現れの一つといえる。典型的な瑕疵ある意思表示には下記に示す詐欺・強迫があるが、詐欺・強迫に該当せずとも意思表示に瑕疵があれば非典型な瑕疵ある意思表示となる。民法には条文で示されない非典型のものがあるからである。(例:非典型契約、非典型担保)
目次
1.類型
├1.1.詐欺による意思表示
└1.2.強迫による意思表示
2.商法、会社法、手形法
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/07/08 19:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant