瑕疵ある意思表示
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
瑕疵ある意思表示(かしあるいしひょうじ)とは、民法上の法律用語で、表示された効果意思に対応する内心的効果意思は存在するが[1]、その内心的効果意思を形成する段階で、他人から干渉があり、完全で自由な判断ができなかった意思表示を言う[2]。典型的には民法における詐欺強迫[3]による意思表示を言う。
(瑕疵ある意思表示である)詐欺脅迫で結ばれた契約は、取消(遡及的に無効)することができる(96条1項)[4][5]
目次
1.類型
├1.1.詐欺による意思表示
└1.2.強迫による意思表示
2.商法、会社法、手形法
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2019/12/04 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant